出雲大社の歴代宮司が執り行ってきた代替わりの儀、神賀詞(かむよごと)。奈良時代から続くこの神聖な儀式のなかで奥出雲の三沢神社が重要な役割を果たしていることをご存知でしょうか。三沢神社は出雲国風土記にも載っている大変古い神社です。出雲国風土記に登場する数々の伝承をもとに現代によみがえる出雲神話の世界を覗いてみましょう。
※この音声ガイドは三澤神社の名誉宮司陶山親敏氏が語られた内容をそのままお伝えするものです。

出雲国風土記 〜現代に蘇る出雲神話の世界〜

アプリPokkeとは?

現代に蘇る出雲神話の世界

三澤神社とは?

出雲国風土記にも登場する三澤神社とは?

このガイドを聞いてくださってありがとうございます。私は三沢神社の名誉宮司をしております陶山親敏(すやまちかとし)といいます。今日は三澤神社と神賀詞と三沢の池について・・・

みざわの由来

伝承に残された「みざわ」という地名の由来

出雲国風土記(いずものくにふどき)には三沢の社(みざわのやしろ)と書かれています。それから200年位あとに延喜式神名帳(えんぎしきしんめいちょう)というのが国から・・・

神賀詞

出雲大社宮司の代替わりの儀式「神賀詞」とは?

いま、神賀詞(かむよごと)という言葉が出てきましたが、これはひとことで言うと、天皇陛下へ捧げるお祝いの言葉のことです。出雲国造という出雲大社の当主が世代交代をする際に・・・

神賀詞と三沢の池

現代に受け継がれる古代の伝統

さて、神賀詞を奏上(そうじょう)するときには三沢の池で体を清めてから出発すると、出雲国風土記には残っているわけですけれど、この風習が今でも行われているのかはずっと分っていません・・・

三沢の池はどこか?

諸説ある三沢の池の所在地

では、三沢の池はどこにあるのかという話です。もちろん千家宮司が水を汲みに来ているので、池自体はあるのですけれど、神社の周辺には無いのです。で、その三沢の池だと思われるものが、3つあります・・・

Pokkeを気に入って頂けたら
いいね、フォローをお願いします

出雲国風土記 〜現代に蘇る出雲神話の世界〜をPokkeで聴く

Pokkeとは?

様々な観光スポットを音声で案内してくれる音声ガイドツアーアプリ。旅先をただ見て回るだけでは気づけないエピソードをあなただけのガイドが一緒に回ってくれるかのように説明を聞くことができます。

YOU MAY ALSO LIKE

こちらのガイドも人気です

安藤人形店

みんなの知らない秘密の浅草寺ガイドツアー

日帰りで行ける日光寺院巡り

出雲国風土記 〜現代に蘇る出雲神話の世界〜

明治神宮

Pokkeが気に入って頂けましたら
いいね!フォローをお願いします。