観光の中心地としていつも人で賑わうシニョーリア広場は、紀元前の共和制ローマ時代からフィレンツェの政治の中心地でした。現在は「屋根のない美術館」として、数多くの有名な彫刻が立ち並んでいます。

シニョーリア広場 〜屋根のない美術館〜

アプリPokkeとは?

ヴェッキオ宮殿や多くの彫像が並ぶ回廊に囲まれ、ミケランジェロのダヴィデ像の複製やネプチューンの噴水などで有名。

屋根の無い美術館

貴重な彫刻が立ち並ぶアートな広場

フィレンツェはよく「屋根のない美術館」と呼ばれています。その意味がシニョーリア広場に来ると分かるのではないでしょうか。まるで野外美術館のように広場には数多くの彫刻作品が設置されていて、驚くべきことにそのほとんどが現在でもオリジナルの作品ばかりです。まず最初に目につくのはヴェッキオ宮殿でしょう。フィレンツェが都市国家だったころの政庁であり、メディチ家の宮殿でもありました。そして、ヴェッキオ宮殿の入り口には、ミケランジェロのダヴィデ像が存在感を放っています・・・


「ポリュクセネーの陵辱」

「ポリュクセネーの凌辱」は19世紀イタリア彫刻の代表作です

「ポリュクセネーの陵辱」はピオ・フェンティの作品で、ギリシャ神話に登場する話をモチーフにしています。ギリシャの無敵の英雄アキレスはトロイ戦争の敵方の娘ポリュクセネーに恋をしてしまい、彼の唯一の弱点がかかとであることを教えてしまいます。それを知ったポリュクセネーの兄弟たちは、毒矢をアキレスのかかとに打ち込み、彼を殺害することに成功します。しかし・・・

「サビニの女たちの略奪」

3人の人物が絡み合う、ジャン・ボローニャの最高傑作

ランツィの回廊の右端に設置された、3人の人物が複雑に絡み合った彫像は「サビニの女たちの略奪」です。この作品は360度それぞれの角度から鑑賞してみてください。まるで三体の肉体が絡み合い、螺旋を描き上昇していくように見えます。「サビニの女たちの略奪」はベルギー出身の芸術家であり、イタリアに移り住んでからはメディチ家の宮廷彫刻家をつとめたジャンボローニャが1580年に制作しました。当時のフィレンツェで過去最大の白い大理石の塊から作られたこの彫刻は高さ4.1メートルにものぼります・・・

「ペルセウス」

15世紀を代表する彫刻家のチェッリーニの代表作

「ペルセウス」は、西暦1500年代を代表する芸術家ベンヴェヌート・チェッリーニが1554年に10年の歳月をかけて制作した作品です。
ギリシア神話に登場する恐ろしい怪物メドゥーサをペルセウスが退治し、切り取った頭を持ち上げた姿で表されています。均整の取れた筋肉質の体型で、右足に体重をかけて立っています。ペルセウスの表情は沈んでいて、感情を抑制しています。メドゥーサの首は切り離されても、見る人を石に変えてしまう力がまだ残っているため、ペルセウスはうつむいてメドゥーサを見ないようにしています。・・・

「ダヴィデ像」

ヴェッキオ宮殿の入り口に立つミケランジェロのダヴィデ像

ランツィの回廊から少し離れて、次はミケランジェロのダヴィデを見に行きましょう。ダヴィデの彫刻はヴェッキオ宮殿の入り口に立っています。この西洋美術界の中で最も人気のある彫刻の一つ「ダヴィデ」はミケランジェロが29歳の時の作品です。フィレンツェ共和国を象徴する作品として制作されたダヴィデは、フィレンツェ市民にとっても特別な意味を持つ彫刻像となりました。その為 ミケランジェロの制作したオリジナルのダヴィデはその重要さが考慮され、1873年にアカデミア美術館に移転されることになり、今日こちらにはコピーが置かれています。
・・・

Pokkeを気に入って頂けたら
いいね、フォローをお願いします

シニョーリア広場 〜屋根のない美術館〜をPokkeで聴く

Pokkeとは?

様々な観光スポットを音声で案内してくれる音声ガイドツアーアプリ。旅先をただ見て回るだけでは気づけないエピソードをあなただけのガイドが一緒に回ってくれるかのように説明を聞くことができます。

YOU MAY ALSO LIKE

こちらのガイドも人気です

塔の街サンジミニャーノ

スペイン広場

サン・ピエトロ広場 〜天才芸術家ベルニーニによる精巧な設計〜

システィーナ礼拝堂と「最後の審判」

サン・ピエトロ大聖堂

Pokkeが気に入って頂けましたら
いいね!フォローをお願いします。