都市からガイドを探す▼

日本美術を世界に伝える。岡倉天心の最後の地を巡る茨城県・五浦ツアー

天心最後の地

日本美術を世界に伝える。岡倉天心の最後の地を巡る茨城県・五浦ツアー

日本美術を前に進め、世界に伝えた彼が、最後に過ごしたのは五浦でした。

「茶の本」をはじめ、日本美術を世界に伝える大きな役割を果たした岡倉天心。
彼が晩年の場所として選んだのは、茨城県の五浦(いずら)でした。

断崖絶壁と入り組んだ海岸線。
激しく打ち付ける太平洋の波と、豊かな緑。
当初は、平穏すぎて気に入らなかったと言われる、この五浦の地の、一体何に魅了されたのか?

また、天心は自身だけでなく、弟子の横山大観や下村観山も五浦に連れてきています。横山大観は建てたばかりの家を売り払い、下村観山は学校の教授の職を辞める覚悟を持ってやってきたそうです。そこまでして、この五浦の地で彼らは何を作り上げようとしたのか?

そして、五浦の海岸をひっそりと見守っている、天心の墓地。
そこに残されている時世の句は何が詠まれているのか?

最後に、六角堂。
ロケーション、デザイン、思想。すべての面において、天心が相当なこだわりを見せて建てたそうです。

六角堂には、分かりやすい美麗さや豪華絢爛さはありません。しかし、そこには天心の追求した独特な美が、確かに集約されているのです。

五浦の地を巡りながら、岡倉天心がこの地で見た景色を追体験しに行きましょう。

ガイドコース

1. スタート:天心記念五浦美術館
2.【移動】岡倉天心とはどんな人物だったのか?
3. 日本美術院研究所跡|なぜ五浦だったのか?
4.【移動】天心は弟子たちと何を作り上げようとしたのか?
5. 天心墓地|最後まで愛した五浦の地
6. 茨城大学五浦美術文化研究所の天心記念館
7. 天心邸|五浦での天心の1日
8. 六角堂|天心の理想郷
9. エンディング

岡倉天心が最後に過ごした五浦を巡るガイドを体験

このガイドツアーをアプリ「Pokke」で聴くことができます。
※まだアプリをダウントードしていない方は、アプリストアで「Pokke」と検索 or 下のリンクからダウンロードをお願いします。

日本美術を世界に伝える。岡倉天心の最後の地を巡る茨城県・五浦ツアーの物語をPokkeで聴いてみる

インストールは無料です

ガイドを都市で探してみる

ガイドを国で探してみる

国の一覧を見る

Pokkeは、最高な旅に必須のアプリです。

様々な観光スポットを音声で案内してくれる音声ガイドツアーアプリ。 その場所の見どころポイントだけではなく、歴史や文化、秘密、エピソードなども聴くことができます。 Pokkeで音声ガイドを聴きながら旅をすれば、ただ見て回るだけでは分からなかった世界が見えてきます。 あなたもPokkeと一緒に出かけてみませんか?

© 2018 MEBUKU Inc.