アプリ案内

その旅に、物語を。

熱乃湯

熱乃湯はもともとかっけの湯と呼ばれていましたが、温度が熱い湯ということで「熱乃湯」(ねつのゆ)となりました。

源泉の直下に湯槽を作り、入浴していたとも考えられます。

湯もみと踊りショーは、1960年から開始し、熱乃湯も観光施設として1968年に建替えられました。

この建物は2014年まで46年もの長い間、たくさんのお客様をお迎えし、多くの方に親しまれました。

現在の建物は、2015年に大正ロマン風の建物に建て替えられました。

現在では、ショーを観覧するだけでなく、自分で体験できる湯もみ体験も行っており、人気があります。

また、特別公演として、ゆもみくんショーというショーもあります。

ゆもみくんショーとは、草津温泉の様々な場所で働きながらプロサッカー選手を目指す、ザスパ草津チャレンジャーズの選手達による湯もみショーです。

日頃からサッカーで鍛えているゆもみくんたちによる湯もみは迫力満点です。

熱乃湯のストーリー
エリア 日本 > 群馬県 > 草津
施設名 熱乃湯
住所 群馬県吾妻郡草津町草津414
営業時間 □湯もみと踊りショー
・午前9時30分・10時・10時30分
・午後3時30分・4時・4時30分(一日6回公演)

□湯もみ体験
午前11時30分~午後2時
(最終受付・午後1時45分)
Webページ https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/netsunoyu/
アクセス 湯畑前すぐ
料金 □湯もみと踊りショー
大人600円・小学生300円
(障害者手帳のご提示で、ご本人様と付き添いの方1名様のみ半額)

□湯もみ体験
250円(小学生以上)
草津のストーリー
一覧で見る