都市からガイドを探す▼

ブリュッセル街歩き

漫画壁画と小便小僧は必見

歴史遺産と未来への変化が調和するブリュッセルの街歩き - ベルギー

西ヨーロッパ交通の中心地の一つであり、各国際機関の本部が置かれるヨーロッパ政治の拠点都市ブリュッセル。中世からの歴史遺産と未来への変化が美しく調和したブリュッセルの街を散策するガイドツアーです。

世界遺産となっている中世から今に伝わる美しい広場「グラン・プラス」

日本でもよく知られる小説「ああ無常」で有名なヴィクトル・ユーゴーは、「世界で一番美しい広場」と呼んで、この広場を愛したといいます。ここを「絢爛(けんらん)たる劇場」と呼んだとされるのは芸術家ジャン・コクトー。この広場は、1998年、ユネスコの世界遺産に登録されました。

グラン・プラスとは、フランス語で「大きな広場」のこと、幅110メートル、奥行き68メートルあります。ここは古くから、商業だけでなく、政治、裁判、市民の集まりやお祭りと言った様々な用途に使われてきた旧市街の中心広場です。現在でも、一年間を通じて、様々なイベントやコンサートなどが開かれ、多くの人々が行き交います。代表的なのが、偶数年の8月半ばの週末に開催されるフラワーカーペット。この広場は、ベゴニアなどの花びらで埋め尽くされます。一度は見ていただきたいものです。

ブリュッセルっ子が大好きな漫画と小便小僧

タンタンの冒険シリーズ」の漫画壁画です。ベルギー人の漫画作家エルジュの手になるこのシリーズは、青年ジャーナリストの主人公タンタンと愛犬スノーウィー、その良き理解者であるハドック船長などが登場する冒険物語。スピルバーグ監督による映画化で一躍有名になりましたが、原作はBD(ベーデー)と呼ばれる欧州漫画の代表作で、日本語を含め、100以上の言語に翻訳出版されて今も世界中の人々に愛され続けています。

ベルギーではBDは第九番目の芸術とも言われ、漫画本は「アルバム」と呼ばれる美しい装丁のもの。ベルギー人は、子供の頃から、気に入ったアルバムを何度も何度も読み返しながら大切に保存し、大人になるまでには相当な数のコレクションを持つようになります。ブリュッセル市内には、このタンタン以外にも、30数カ所に有名なベルギー人漫画家による漫画壁画があり、観光局やネット上には専用マップなどもあるので辿ってみるのも楽しいものです。

芸術の香り高い王宮広場付近と優れたミュージアム群

「芸術の丘」から緩やかな坂を上る途中、左手に、曲がりくねった鉄製の興味深い建物が見えましたか? よく見ると、「オールド・イングランド(Old England)」と書かれていますが、この建物はその名の通り、オールド・イングランドという名の高級デパートとして建てられたもので、現在は、楽器博物館となっています。建物は、1899年にベルギー人のポール・サントノワによって設計された、アールヌーボー建築の重要文化財となっています。

詳しくは、ブリュッセルの街歩きガイドを聴こう

歴史遺産と未来への変化が調和するブリュッセルの街歩きのガイドを、トラベルガイドアプリ「Pokke」で聴くことができます。音楽と声といっしょに、ブリュッセルを楽しみましょう。

ブリュッセル街歩きの物語をPokkeで聴いてみる

インストールは無料です

ガイドを都市で探してみる

ガイドを国で探してみる

国の一覧を見る

Pokkeは、最高な旅に必須のアプリです。

様々な観光スポットを音声で案内してくれる音声ガイドツアーアプリ。 その場所の見どころポイントだけではなく、歴史や文化、秘密、エピソードなども聴くことができます。 Pokkeで音声ガイドを聴きながら旅をすれば、ただ見て回るだけでは分からなかった世界が見えてきます。 あなたもPokkeと一緒に出かけてみませんか?

© 2017 MEBUKU Inc.