アプリ案内

その旅に、物語を。

まつかさ餅 長新

伊勢相可名物まつかさ餅は、江戸時代よりお伊勢参り熊野詣での旅人によって、親しまれていました。

江戸時代は長新の米粒まんじゅう、そこからまんじゅうの上に飯粒をのせてまつぼっくりの様に見せたことから「まつかさ餅」と名付けられたそうです。

エリア 日本 > 三重 > 多気町
施設名 まつかさ餅 長新
住所 三重県多気郡多気町相可564
営業時間 8:30~売切れ次第(通常16:00~18:00頃)
定休日:不定休(月2~3回)
Webページ http://matsukasamochi.la.coocan.jp/
アクセス 多気ヴィソンスマートI.C.から車で約15分
料金 -
多気町のストーリー
一覧で見る