アプリ案内

その旅に、物語を。

ストーンヘンジ

現在は国家遺産となっているストーンヘンジですが、実は、一度オークションに掛けられたこともあります。

土地の元所有者が第一次世界大戦で戦死した後オークションに掛けられ、幸い、地元出身の人が6,600ポンドで落札し、その後国に寄贈したそうです。

世界で最も有名な先史時代の遺跡ストーンヘンジは、円陣状に並んだ直立した巨石とそれを囲む直径115メートルの土塁で成り立っています。

円形に囲われた土手の中には、30もの巨石が、直径30メートルほどの円陣状に直立しています。

私達がよく本やテレビで目にするのは、ストーンヘンジの中心部分、円陣状の直立巨石です。

今は崩れてしまっていますが、直立した石の上には横石が乗り、かつては円形に繋げられていました。

最近の研究では、ストーンヘンジが紀元前3000年頃から、段階的にできたことが分かっています。

ちょうど古代エジプト文明が始まった頃と同じ頃の遺跡で、その頃の日本は縄文時代でした。

ストーンヘンジのストーリー
エリア イギリス > ロンドン近郊
施設名 ストーンヘンジ
住所 Amesbury, Wiltshire SP4 7DE
営業時間 6-8月 - 9:00-20:00
9-10月 - 9:30-19:00
10-5月 - 9:30-17:00
Webページ https://www.english-heritage.org.uk/visit/places/stonehenge/
アクセス ツアー参加または、ビジターセンターからシャトルバス
料金 14.5ポンド
ロンドン近郊のストーリー
一覧で見る