都市からガイドを探す▼

ガウディのメルヘンな世界。有名なトカゲを見に行こう。グエル公園の見どころとコース。

グエル公園は、アントニオ・ガウディの作品群の1つとして1984年にユネスコの世界遺産に登録されました。そのカラフルで、独特な世界観の夢のような公園を、ぜひ晴れた日にのんびりと散策してみてはいかがでしょうか?また、現在は、グエル公園の中にガウディの家博物館があります。公園もさることながら、実際にガウディが暮らしていたというお城のような素敵な外観の博物館の見学もおすすめです。

グエル公園の見どころ!

Point 1

独創的なガウディの世界観

見どころは、なんといっても独創的なガウディの世界観。ぱっと見ただけで、ガウディによる作品であることがわかります。また、ガウディは非常に細部までこだわることでも有名です。一つ一つの建築や彫刻へのこだわりにも目を向けてみましょう。

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Antoni_Gaud%C3%AD


Point 2

トカゲやお菓子の家などのカワイイ彫刻・建築

グエル公園でしか見られないようなカワイイ彫刻や建築スタイルがたくさんあります。有名な青の大トカゲや、ヘンゼルとグレーテルの物語をイメージしたお菓子の家など、メルヘンな世界に迷い込んだような体験も味わえます。


グエル公園のおすすめコース

グエル公園の正門エントランス

実は、グエル公園正面エントランスは、出口専用になっているのでここからは入れません。正面エントランスから右手に2-3分歩いたところにチケット売り場がありますので、まずはそこを目指して歩きましょう。ネット購入された方もチケット売り場まで進んでください。そして、チケット売り場の前を左手に進むと入口があり係員がおりますので、そこでチケットを見せると入ることができます。

グエル公園の大階段とカラフルな青の大トカゲ

エントランスを入ると、目の前に大きな階段が出迎えてくれます。階段は45段あり、階段のテーマはギリシャ神話を元に考えられております。階段を見上げると、途中から二手に分かれている階段の真ん中くらいに位置している大トカゲが見えます。かなり目立つ存在です。青っぽいカラフルなモザイク調のこの大トカゲは、言わずと知れたバルセロナのシンボル的存在。グエル公園の泉の守り主でもあり、なんと全長2.4メートルもあります。

グエル公園の86本の列柱と貯水槽

階段を登って行くと、柱が立ち並ぶホールが見えてきます。列柱の下の部分にはトレンカデイスが用いられており、さらに優雅な天井にも注目です!大きい円盤が4つあるのですが、「太陽」や「月」を表し、ガウディの表現したかったものが見えてきます。

バルセロナを一望しよう!グエル公園の海のように波打つベンチ

写真でもよく見るグエル公園のベンチがあります。ここは少し高い位置にあるので、バルセロナ街を一望することができます。

魅惑のフォトスポット。グエル公園の洗濯をする女性像のある回廊

グエル公園内で唯一の人間の形をした像で、ギリシャ彫刻の「奉納像」を表現したといわれています。この場所には、洗濯かごを頭に乗せた女性の像が1本あるので、「洗濯女の回廊」と名づけられたのでした。

ヘンゼルとグレーテルをイメージしたグエル公園のお菓子の家

ヘンゼルとグレーテルの物語に出てくるお菓子の家をイメージした家があります。あの天才画家サルバドール・ダリは、「ほんとにケーキのようだ。」と感心したそうですが、同じカタルーニャ州の偉大なる画家ジョアン・ミロも「粉砂糖をかけたお菓子のようだ。」という言葉を残しています。


アプリならもっと詳しく、もっと快適に

Pokke公式アプリ

世界中の観光地のガイドを配信する観光ガイドアプリです。ガイドブック情報や旅の記録など、旅に役立つ機能が満載。

ガウディの世界に迷い込もう!グエル公園を巡るツアー

現在

0

エリア スペイン / バルセロナ
ツアー時間 23分

このツアーガイドは観光ガイドアプリPokkeで配信されています。

© 2018 MEBUKU Inc.