都市からガイドを探す▼
   

偕楽園オリジナル音声ガイド
~絶景と幽寂 二つの世界を巡る物語~

茨城県・水戸市にあり、日本遺産にも認定されている偕楽園。兼六園、後楽園と並び、日本三名園の一つでもあります。偕楽園は、文武を学ぶ場としての弘道館の対となる休息の場として作られました。

               

偕楽園の音声ガイドのおすすめポイント

Point 1

偕楽園の表現する絶景と幽寂の二つの世界を巡る

庭園を造るということは、世界の縮図を造ることだといいます。

かつて、水戸藩九代藩主、徳川斉昭は、東京ドーム94個分の広大なキャンバスを使って、思いのままに世界を表現しました。

そこに描かれたテーマは、陰と陽。幽玄な精神世界を象徴する陰の領域と、緊張からの解放と悦楽を体験する陽の領域。

この音声ガイドでは、斉昭の表現した二つの世界を巡り、陰と陽を体験しにいきます。


Point 2

ナレーションは人気声優の佐藤拓也さん

偕楽園の音声ガイドは、声優の佐藤拓也さんがナレーションを担当してくださっています。聴きやすく、雰囲気のある声で、お楽しみください。

                           
                   

偕楽園の音声ガイドのコースと解説ポイント

1.好文亭表門

あまり知られていませんが、偕楽園の本当の魅力を体験するためには、「好文亭表門」という本来の入り口からスタートするのがベストです。逆に言えば、表門からスタートしないと魅力が半減してしまいます。このガイドでは、好文亭表門からスタートします。

                                     

2.孟宗竹林

鬱蒼と茂る幽玄の世界。偕楽園の陰の世界の代表エリアです。

                                     

3.吐玉泉

大きな大理石の原石をくりぬいたところから、水が湧き出しています。好文亭という建物にある茶室で、お茶をたてるときに、ここの水を使用していました。

                                   

4.太郎杉

樹齢800年と言われている巨大な杉の木です。これまで多くの人を見守ってきたのでしょう。

                                     

5.好文亭入り口

巨大な偕楽園の中にある、好文亭という建物。ここでは、家臣、庶民の文人墨客を集めて、詩や養老の会などが催されていました。なぜ、この場所に好文亭を配置したのか?また、ここから少しずつ陽の世界に突入します。

                                     

6.奥御殿 菊の間から始まる9の部屋

好文亭に入ると、まず奥御殿というエリアを進みます。ここには、菊の間から始まり、桃、つつじ、紅葉(もみじ)、松、竹、萩、梅、桜、というように花や木の襖絵の描かれた部屋が続きます。

                                     

7.東塗縁と養老の会

偕楽園と建てた徳川斉昭が90歳以上の家来や庶民を招き、養老の典を催していた場所です。

                                     

8.西塗縁広間

多くの人が集まり、食事や詩や書を楽しんでいました。この部屋には、面白い仕掛けがあります。それもガイドで解説します。

                                   

9.西塗縁広間の戸の取っ手の隠し小窓

ここの取っ手には面白い仕掛けがあり、隠し小窓のようになっています。これは斉昭のアイデアで、部屋の様子をうかがうための仕掛けだったのだそうです。

                                     

10.楽寿楼からの絶景

徳川斉昭が作り上げた陽の世界のハイライトを堪能できる場所です。外の景色を見ると、そこには絶景が広がります。ここで、なぜ偕楽園には人口の池がないのか?斉昭の考える陽の世界とはどういったことだったのか?についてお話します。

                                 

11.偕楽園記の碑

「一張一弛」と描かれた偕楽園記の碑。これは、まさに徳川斉昭の考え方を凝縮した言葉です。弘道館と偕楽園を、対の施設として作った、その考え方に迫ります。

                                     

12.左近の桜

左近の桜と呼ばれている一本の桜。春に咲くその姿は見事の一言です。

                                     

13.仙奕台

仙奕台(せんえきだい)と呼ばれるこの場所は 、千波湖をはじめ周囲の景観が一望できる突き出た台地にあります。石の台のようなものがありますが、この場所で、千波湖を眺めながら囲碁や将棋などを楽しんでいました。

                                     

14.南崖の洞窟

南崖(なんがい)の洞窟と呼ばれるこの場所は、 江戸時代、「神崎岩(かみさきいわ)」という岩の採掘場だった場所です。水戸黄門として有名な、水戸藩二代藩主徳川光圀が上水道の工事を行った際、地下水を下町まで引くための水道管の材料として、その岩が使われたそうです。

                                        

このガイドは観光ガイドアプリPokkeで体験できます。

                                   

【音声ガイド】偕楽園:絶景と幽寂 二つの世界を巡る物語

                                                                                                                                   
エリア茨城県 / 水戸
ガイド時間約30分

このツアーガイドは観光ガイドアプリPokkeで配信されています。


               

公式アプリ「Pokke」で音声ガイドを楽しめます

Pokke公式アプリ

偕楽園オリジナル音声ガイド~絶景と幽寂 二つの世界を巡る物語~を聴くことができます。ぜひ、現地に足を運んで、お楽しみください。

このガイドは観光ガイドアプリPokkeで体験できます。

               

【音声ガイド】偕楽園:絶景と幽寂 二つの世界を巡る物語

                                               
エリア茨城県 / 水戸
ガイド時間約30分

このツアーガイドは観光ガイドアプリPokkeで配信されています。

© 2018 MEBUKU Inc.