アプリ案内

その旅に、物語を。

ナイアディの噴水(共和国広場)

不老不死伝説の残る4人の妖精を象った噴水

テルミニ駅のすぐ近く!共和国広場の有名なナイアディの噴水を見に行こう

ローマ、テルミニ駅から一駅。 歩いて行くこともできる共和国広場はローマ市民の憩いの場です。 朝8時から夜12時まで営業しているイータリー(EATALY)が面しており、軽食やお土産探しに寄っていくのもいいでしょう。 共和国広場の中心には1901年に完成した有名な「ナイアディの噴水」が位置し、4人の妖精の彫刻が勢い良く水を吹き上げている様子を見ることが出来ます。 ナイアディとはギリシャ神話に登場する泉や川の神の娘である妖精のことです。 神話ではナイアディのいる泉の水を飲むと病気が治ると言われています。

共和国広場に来たらナイアディの噴水を見ていこう

共和国広場の中心で勢いよく水を噴き上げている「ナイアディの噴水」 「ローマの休日」でオードリー・ヘップバーン演じるアン王女が、夜遅くに宮殿から抜け出し、三輪の荷車から飛び降りて市内に駆け出していくシーンが、まさにここ共和国広場なのです。 後ろにはちゃんと「ナイアディの噴水」も映っています。 この噴水が完成したのは、1901年のこと。 元ローマ市長のフランチェスコ・ルテッリの曾祖父マリオ・ルテッリが制作しました。 もともとはイタリア統一時の教皇ピオ9世が古代のマルチャ水道橋を建て直した記念に一緒に造られた噴水です。そのときはテルミニ駅の近くにあったのですが、エセドラ広場の建設にあたり共和国広場に移動してきました。 「ナイアディ」とはギリシャ神話に出てくる水の妖精で「ゼウス」の娘とも「オケアノス」の娘とも言われます。川や泉、噴水、湖、沼などあらゆる水のあるところに生息していると言われ、「ナイアディ」のいる水を飲めば病気が癒されると言われています。しかし、もしその水に入ってしまうと「ナイアディ」の怒りを買い不治の病に陥ってしまうとか。 ローマでは珍しくブロンズの彫刻で飾られています。 噴水には周囲に4人のナイアディがいます。それぞれ、白鳥を抱える湖の妖精「リムニアス」、川の怪物の上に横たわる川の妖精「ポタメイス」、その他ドラゴンの上に横たわる地下水の妖精や海馬にまたがる海の妖精です。 中央にはイルカと闘う「グラウコ」の逞しい姿が見られます。 イルカの口から勢いよく水が空に向かって吹き出ています。 夏の暑い日には風が強いとちょうどいい具合に周囲に水を霧のように噴射してくれます。 ただ残念なのは、ローマの水はイタリアでも特に硬い硬水。石灰分が多く含まれています。石灰分がブロンズにこびりつき、更に苔が生えてしまっている様子は見るに忍びないですね。

もっと知りたい人はナイアディの噴水のガイドを聴こう

ナイアディの噴水の見どころはまだまだ続きます。 気になった方は現地でガイドを聴いてみましょう。 □ナイアディの噴水の入場料・営業時間 入場料:無料 営業時間:24時間 定休日:年中無休 所要時間:30分 所在地:Piazza dlla Repubblica Roma アクセス:メトロA線Repubblica駅目の前

ナイアディの噴水(共和国広場)の物語をPokkeで聴いてみる

インストールは無料です

ローマの他のオススメスポットも見てみよう

ガイドを都市で探してみる

ガイドを国で探してみる

国の一覧を見る