アプリ案内

その旅に、物語を。

行く前に知っておきたいトレヴィの泉の歴史と逸話

イタリアで最も有名な幸せの泉

ローマに数多くある噴水のうちでも最も大きく代表的なのがトレヴィの泉です。

大通りを進んだ先に突如視界が開けるように現れる巨大な彫刻と壮大な噴水はイタリア観光の忘れられない思い出となるでしょう。

また、トレヴィの泉を訪れる際には泉にまつわる数多くの逸話を知っておくとより楽しめるはずです。

行く前に、トレヴィの泉の歴史と彫刻をチェック!

トレヴィの泉とは「三叉路の噴水」という意味です。
1762年3本の路地が交わる小さな広場に30年がかりで完成しました。もともとの設計はニコラ・サルビによるものです。最後のバロックの傑作と言われます。

この地域の建物のほとんどは1500−1600年代のものが多く、噴水の正面にはいくつもの窓が見えます。実は窓の中はポーリ宮に属する空間です。その宮殿の表面に貼り付けられる形でトレヴィの泉が作られました。現在ポーリ宮はグラフィック美術館として使われております。

さて本題に入りますが、まずトレヴィの泉を正面からご覧になると、中央に凱旋門があり、そこからローマに向かって凱旋して来る大河・大海の神「オケアノス」を見ることができます。

「オケアノス」は波打つ貝殻の馬車に乗っており、それを引くのが「海馬」で、よく見ると足には蹄の代わりに水かきが、背中には翼を持ち、下半身は魚であることがわかります。
一頭は荒れ馬、もう一頭は穏やかな馬です。その馬の手綱を引くのが「トリトン」と言い、海の神の双子の息子であり、海の妖精です。「トリトン」も下半身は魚です。

コインの枚数と投げ方で願い事の意味が変わる!?

トレヴィの泉にコインを投げると、願い事が叶うという逸話があるので、多くの観光客がコインを投げ入れています。

しかし、実は、このコインの枚数と投げ方によって、願い事の意味が違ってくるそうです。

背中に噴水を向けて、右手にコインを持ち、左肩ごしに後ろに向かって、1枚コインを投げ入れると「もう一度ローマに戻れる」、2枚だと「素敵な出会いがある」、3枚だと「別れられる」と言われています。

施設情報

このストーリーを
シェアしよう

行く前に知っておきたいトレヴィの泉の歴史と逸話 | https://jp.pokke.in/story/6540

Pokke公式SNSアカウントを
フォローして、
世界の旅先の物語に触れよう

共有

https://jp.pokke.in/story/6540

リンクをクリップボードにコピーしました。