アプリ案内

その旅に、物語を。

ベルニーニの彫刻「四大河の噴水」が彩る華やかなナヴォーナ広場

世界初!?の河が擬人化された噴水

パンテオンからすぐのナヴォーナ広場はローマ観光の目玉の一つです。

「四大河の噴水」をはじめ、バロック時代の巨匠ベルニーニの大作を3つを拝むことができます。

ここでは面白い逸話を一つご紹介します。

ベルニーニの傑作 擬人化された「四大河の噴水」

ナヴォーナ広場中央にあるのが四大河の噴水です。四大河とは、ドナウ川、ラプラタ川、ナイル川、ガンジス川。

それぞれの大河を擬人化した彫刻になっています。

どの彫刻が、どの大河を表現しているか想像できますか?

教会に向かって、手を挙げているのが、南アメリカのラプラタ川です。

向かい側にあるのは聖アニェーゼ教会。

この教会は、ボッロミーニという建築家の設計したものです。

このボッロミーニと、四大河の噴水を作ったベルニーニは当時、ライバル関係にあったそうです。

なので、そのボッロミーニの作った教会に向かって、ラプラタ川が手をあげているのは、「教会が倒れてしまうと困る」という皮肉が込められているのだとか。

さらに、ラプラタ川の向こう側にいるのが、ナイル川です。

布で顔を覆っています。

これも、ボッロミーニへの皮肉で、「見るにたえない教会」だという意味が込められているのだとか。

ここまで書いておいてなんですが、実は教会が建てられたのは、噴水のできた後であることから、この逸話は誰かの作り話だそうです。

ただ、才能のある人間同士が嫉妬や羨望、尊敬などを送りあいながら、高めあっていた時代だったのではないかと想像すると、また違ったものが見えてくるかもしれません。

このストーリーを
シェアしよう

ベルニーニの彫刻「四大河の噴水」が彩る華やかなナヴォーナ広場 | https://jp.pokke.in/story/8080

Pokke公式SNSアカウントを
フォローして、
世界の旅先の物語に触れよう

共有

https://jp.pokke.in/story/8080

リンクをクリップボードにコピーしました。