アプリ案内

その旅に、物語を。

頭ヶ島天守堂

潜伏キリシタンが最後に辿り着いた理想郷

頭ヶ島が本格的に開拓されたのは1858年のこと。
翌年からキリシタンが入植していきました。
長崎から外国人宣教師をひそかに招いてミサを行い、教会堂が建てられました。

当時の頭ヶ島はキリシタンの一大拠点となりつつありました。しかし、明治に入り、キリシタン弾圧が始まると、頭ヶ島のキリシタンも全員捕まりました。その後、1873年に禁教令が取り下げられ、徐々に人々が戻り、頭ヶ島天主堂の前身となる木造の教会堂が建てられました。

エリア 日本 > 長崎 > 五島列島
施設名 頭ヶ島天守堂
住所 長崎県南松浦郡新上五島町友住郷頭ヶ島638
営業時間 見学受付時間:9:00~17:00

※見学をご希望の場合は、事前連絡が必要になります
※ミサ・葬儀などの教会行事の際には見学ができません。
※詳細はHPをご確認ください。
Webページ http://kyoukaigun.jp/visit/detail.php?id=16
アクセス -
料金 -