アプリ案内

その旅に、物語を。

ポンペイ遺跡

ポンペイは、紀元前9世紀からオスク人やギリシア人、エトルリア人によって栄えた都市で、古代ローマ時代になると劇場や水道も完備され、ローマ皇帝やローマの貴族に愛される街となります。

当時としては最新の設備や建物が揃ったこの街で、貴族たちは商業活動を繰り広げていたとも伝えられています。

ところが西暦62年2月5日、大地震がポンペイを襲いました。

寺院や行政の中心であった建物が崩壊し、富裕層はポンペイを放棄してしまいます。

街の経済力も著しく低下しましたが、ネロ帝やそのあとを継いだヴェスパシアヌス帝はポンペイへの助力を惜しみませんでした。

街がまだ復興しきっていない西暦70年8月24日から翌日に起こったヴェスビオ火山の噴火により、ポンペイという街は完全に消滅してしまいました。

この噴火が発生する数日前から、ポンペイには地震が起こっていました。

噴火の直前には、ヴェスビオ火山の頂上付近に、松の木の形をした雲が見えたという記録も残っています。

そして、8月24日の午後1時頃、轟音とともに火山が噴火、雨のように火山灰や火山礫が降り注ぎ、5時間で火山灰は1メートルも積もったそうです。

翌日の朝6時には、積もった火山灰は2メートルに達しました。

そして、7時から8時頃に発生した二度目の噴火により、1回目の噴火で生き残っていた人たちも逃れるすべもなく亡くなりました。

噴火はこれで収まりましたが、その後4日間にわたって火山灰は降り続け、ポンペイの街は6メートルの火山灰に埋め尽くされてしまいました。

寺院などの高さのある建物の柱部分だけが、火山灰の山から見えている状況であったようです。

ポンペイ遺跡のストーリー
エリア イタリア > ポンペイ
施設名 ポンペイ遺跡
住所 Pompei, Naples, Italy
営業時間 8:30-19:30
※11/1-3/31は17:00まで
Webページ http://pompeiisites.org/
アクセス ナポリ中央駅から電車でおよそ40分
料金 13ユーロ
ポンペイのストーリー
一覧で見る