アプリ案内

その旅に、物語を。

ワット・ポー

ワット・ポーの歴史はもともとこの地域にあった古いお寺を、18世紀にラーマ1世が自ら立て直し、本堂を建立したのが始まりです。

ラーマ1世は、タイの現在の王朝であるチャクリー王朝の創始者です。

それ以前にバンコクで栄えていた王朝を倒し、首都をチャオプラヤー川の東側の地域から対岸のこの地域、ラタナコーシン地区へ移し、王宮やエメラルド寺院などを建てたのです。

このことからチャクリー王朝は別名、ラタナコーシン王朝とも呼ばれます。

チャクリー王朝は現在、ラーマ10世が即位しています。

タイは立憲君主制の王国ですので、このラーマ10世がタイの君主です。

チャクリー王朝を開いたラーマ1世を菩提として祭っているワット・ポー。

タイの国にとって大切な寺院であることが分かって頂けると思います。

タイには約3万ヵ所の仏教寺院があるのですが、その中でも特に格式の高い、第一級王室寺院として国民からの強い信仰を集めています。

さらに時代を経て19世紀に入ると、タイは中国の王朝、清との貿易で大きな利益を上げるようになりました。

当時の王様、ラーマ3世は、ワット・ポーの大規模な拡張工事を行い、ほぼ現在の姿に整備しました。

黄金に光る巨大な涅槃仏のお堂もラーマ3世が建てたものです。

ラーマ3世はさらに、寺院内で外国から伝わった仏教や、建築、芸術、医学技術などの学問知識を取りまとめ、教本を整備し、広く人々に学ぶ機会を与えました。

そのなかのひとつがタイの伝統医療である古式マッサージの技術です。

現在ではワット・ポーは古式マッサージの総本山として知られ、マッサージ学校が寺院に併設されています。

また境内にマッサージ場が設けられ、参拝者向けにサービスを提供しています。

ワット・ポーのストーリー
エリア タイ > バンコク
施設名 ワット・ポー
住所 2 Sanam Chai Rd, Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200
営業時間 08:00-18:30
Webページ -
アクセス フアランポーンからトゥクトゥクに乗車し、タイ・ワン通りで下車
料金 100バーツ
バンコクのストーリー
一覧で見る