アプリ案内

その旅に、物語を。

ワット・プラケオ

ワット・プラケオ、とはなんでしょうか。

タイ語でワットは寺のことです。

プラケオは翡翠のことです。

ワット・プラケオには、翡翠の色をした仏像がありそれを指してお寺の名前がつきました。

ただ、タイにはほかにもワット・プラケオと呼ばれる寺院がいくつかあります。

その中でなぜ、この寺院が首都バンコクにあり、ここまで有名になったのか。

それは王宮と隣接しているからです。

1782年、ラーマ一世という王様が王宮と寺院を同じ場所に作りました。

その後、この地は現在に至るまで250年もの間、タイ人の信仰を集め大事にされてきました。

ワット・プラケオのストーリー
エリア タイ > バンコク
施設名 ワット・プラケオ
住所 Phra Borom Maha Ratchawang, Phra Nakhon, Bangkok 10200, Thailand
営業時間 08:00-15:30
Webページ -
アクセス フアランポーン駅からトゥクトゥクに乗車し、サナムチャイ通りで下車
料金 500バーツ
バンコクのストーリー
一覧で見る