アプリ案内

その旅に、物語を。

アムステルダム

アムステルダムという地名は、「アムステル川のダム」という意味で、街の中心「ダム広場」は、アムステル川をせき止めたダムがあった場所です。

アムステルダム市の歴史的な発祥の地であり、市名の由来でもあります。

アムステルダムは、ダムが作られる前は、ただの小さな漁村だったのですが、街が大きくなるにつれて、バルト海貿易の要所として発展していき、大きな港は、アメリカやアフリカ、そして東南アジアとの交易の中心地となりました。

そして17世紀初頭には、オランダ東インド会社が設立され、東方貿易を一挙に担うまでになっていきました。

ここで、アムステルダムは、世界で最も裕福な都市と呼ばれるまでになったのでした。

アムステルダム市内には、世界文化遺産にも登録されている運河が網の目のように走っています。

特にアムステル川沿いにあるアムステルダム中央駅からは、扇のように運河が広がっています。

そして、運河沿いにはアムステルダムの反映を今に残す歴史的建造物が多く残されています。

運河の発展は、世界的貿易港として、ヨーロッパ商業の起点となっていき、また同時に出版や言論の自由がゆるされていたことから、各国から文化人も多く集まってきたそうです。

そして、オランダを代表する景観といえば、言わずと知れた「風車」。

アムステルダムの街は、河口をせき止めて作られたため、農地を開拓するためには、堤防の外に水を排出する必要がありました。

そこで、風を動力として穀物栽培をするために活躍してきたのが、風車。

風車は、穀物の製粉にも利用され、古くからアムステルダムの人々の生活を支えてきました。

電力の発達により風力の必要性がなくなった今でも、風車は稼働しており、オランダ国内には1,000基を超える風車が残されています。

アムステルダムのストーリー
エリア オランダ > アムステルダム
施設名 アムステルダム
住所 Amsterdam,Netherlnds
営業時間 -
Webページ -
アクセス アムステルダム中央駅すぐ
料金 店舗による
アムステルダムのストーリー
一覧で見る