アプリ案内

その旅に、物語を。

コロンブスの塔

カタルーニャ広場から続くランブラス通りを下り、もう海まであと少しというところで通りが終ると小さな丸い広場があります。

このポルタル・デ・ラ・パウ広場の中心に高くそびえ立つコロンブスの塔は、バルセロナを代表するモニュメントの一つです。

15世紀、コロンブスはスペインのイサベル女王の資金援助によって、初めての航海にでることになります。

この塔は航海から帰ってきたコロンブスが、当時バルセロナにいたイサベル女王に新大陸発見の報告にやってきたことを記念したものです。

約60メートルにも及ぶこの塔は、1888年の6月1日にバンコク博覧会の式典用に落成しました。

最高で6階か7階の建物しかなかった時代に、この塔は建物にすると23階分。

バルセロナはもちろん、スペイン全土をみてもこれほど大きい塔の建設は初めてだったため、作業はとても大変で完成まで7年の年月を必要としました。

建設費は当初寄付でまかなう予定でしたが足りなく、最終的にはバルセロナ市役所の財源により建てられました。

予算は最初約30万円を計上しましたが、実際かかった金額はそれをはるかに上回るものでした。

コロンブスの塔のストーリー
エリア スペイン > バルセロナ
施設名 コロンブスの塔
住所 Placa del Portal de la Pau, 08001 Barcelona
営業時間 3~9月 - 8:30~20:30
10~2月 - 8:30~19:30
Webページ -
アクセス 3号線ドラサナス駅から徒歩2分
料金 6ユーロ
バルセロナのストーリー
一覧で見る