都市からガイドを探す▼
   

弘道館オリジナル音声ガイド
水戸の日本遺産。幕末に生きた水戸藩士たちの物語。

   

茨城県・水戸市にあり、日本遺産にも認定されている弘道館。水戸藩藩主だった徳川斉昭によって、約200年前に作られた日本最大の藩校です。また、15代にして最後の将軍となった徳川慶喜が、幼少期にここで学び、大政奉還後に謹慎生活を送った場所でもあります。

               

弘道館の音声ガイドのおすすめポイント

Point 1

弘道館の世界観と、そこで繰り広げられた物語

一つ一つの部屋を巡り、一つ一つの資料に向き合うと、当時の情景が立ち上がってきます。この音声ガイドでは、弘道館を舞台に当時の侍達が繰り広げた活躍や、激動の時代のなかで錯綜した彼らの思いを追体験し、その独特の世界観に触れていきます。


Point 2

ナレーションは人気声優の佐藤拓也さん

弘道館の音声ガイドは、声優の佐藤拓也さんがナレーションを担当してくださっています。聴きやすく、雰囲気のある声で、お楽しみください。

                   

弘道館の音声ガイドのコースと解説ポイント

                               

1.「尊攘」の掛け軸のある諸役会所

                               

来館者の控えの間として使われていた諸役会所(しょやくかいしょ)という部屋です。部屋には「尊攘」を大きく書かれた掛け軸があります。弘道館設立とは直接的には関係はないのですが、当時の時代背景を読み解く重要なキーワードの一つです。

                                     
                               

2.学問の試験や講義が行われていた二の間・三の間

                               

武士であっても、学問は必須と弘道館では考えられていました。学問の領域は、中国の政治や道徳の教えを学ぶ儒学、歴史学、天文学、数学、地理学、和歌、音楽、医学、薬学など、非常に幅広いものでした。

                                     

3.武術の稽古をしていた対試場と「游於藝(げいにあそぶ)」

                               

ここでは、武芸の稽古などが行われていました。実際に現地で、当時の様子を想像しながら、この庭を眺めてみましょう。また、ここには「游於藝(げいにあそぶ)」と彫られた額が飾られています。これは、「凝(こ)り固まらず自由に楽しみながら学ぶのが良い」という意味。弘道館の目指した教育の方向性が垣間見えてきます。

                                   

                               

4.試験や儀式が行われていた正席の間と弘道館記念碑拓本

                               

正席の間からは、対試場が見え、弘道館を設立した徳川斉昭もここから武術の試験に臨む生徒を眺めていたそうです。また、この部屋にあるのが「弘道館記念碑拓本」。なぜ、どういう目的で、弘道館を建てたのかが問答形式で書かれています。

                                     

5.畳の文様

                               

畳の文様に注目すると、独特な文様であることに気づきます。これは、「三つ葉葵」の紋。徳川家の家紋です。ガイドでは、徳川の家系についてお話します。

                                     

6.湯殿と便所

                               

湯殿は、藩主が行事に臨む前に身を清めたところと考えられています。便所は、藩主などの位の高い人が使う場所だったことから、床が畳張りになっています。

                                     

7.至善堂

                               

至善堂は、藩主の休息所であり、また身分の高い子息が学ぶ場でした。徳川斉昭の息子であり、最後の将軍・徳川慶喜も、この場所で5歳から11歳まで英才教育を受けました。また、大政奉還を実行した後に、謹慎した場所でもあります。ガイドでは、次のパートと合わせて、徳川慶喜と大政奉還を巡る物語をお話します。

                                     
                               

8.至善堂:徳川慶喜と大政奉還

                               

このパートでは、至善堂に座り、庭を眺めながら、徳川慶喜と大政奉還のまつわる物語をを聴いて頂きます。

                                    

9.農民への感謝の像

                               

徳川斉昭が、食べ物とそれを作る農民への感謝の想いを込めて作らせた人形です。どういう想いで、この人形を作らせたのかを知ると、斉昭の人柄が見えてきます。

                                     
                               

10.学生警鐘(国老詰所)

                               

弘道館の資料室にあたるのが、国老詰所という部屋です。ここには、この学生警鐘をはじめ、いろいろな資料が展示されています。学生警鐘がどんな役割を果たし、そこにどんな言葉が刻まれているかなどを解説します。

                                     
                               

11.大日本史(国老詰所)

                               

水戸黄門として有名な徳川光圀によって制作が開始された日本の歴史書です。

                                     

12.吉田松陰自筆漢詩(国老詰所)

                               

吉田松陰が、水戸に滞在していたときに仲良くなった人物にあてた自筆の惜別の詩です。

                                     
                               

13.玄関の舞良戸(まいらど)の弾痕

                               

玄関の扉には穴が開いています。弘道館の戦いの際についた弾痕です。

                                     

14.孔子廟(弘道館の趣旨の一つの神儒一致)

                               

普段は公開されていませんが、孔子廟について解説します。

                                     

15.要石歌碑

                               

弘道館を設立した徳川斉昭自身の筆で書かれた石。そこに読まれている歌んついて解説します。

   

17.八卦堂

                               

最後に見るのは、八卦堂と呼ばれる、弘道館の敷地の中央に位置する建築物。この中には、本門の弘道館記碑が収められている。八家堂に込められた意味と、弘道館記に記された道について解説します。

                                        

このガイドは観光ガイドアプリPokkeで体験できます。

                                   

【音声ガイド】弘道館:幕末に生きた水戸藩士たちの物語

                                                                                                                                   
エリア茨城県 / 水戸
ガイド時間約35分

このツアーガイドは観光ガイドアプリPokkeで配信されています。


               

公式アプリ「Pokke」で音声ガイドを楽しめます

Pokke公式アプリ

弘道館オリジナル音声ガイド~幕末に生きた水戸藩士たちの物語~を聴くことができます。ぜひ、現地に足を運んで、お楽しみください。

このガイドは観光ガイドアプリPokkeで体験できます。

               

【音声ガイド】弘道館:幕末に生きた水戸藩士たちの物語

                                               
エリア茨城県 / 水戸
ガイド時間約35分

このツアーガイドは観光ガイドアプリPokkeで配信されています。

© 2018 MEBUKU Inc.