都市からガイドを探す▼

ワット・プラケオ

バンコク観光で外せない翡翠の寺院

エメラルド寺院から鬼の像まで見どころいっぱい!ワット・プラケオ - タイ・バンコク

ワットプラケオの敷地内には、有名なエメラルドの仏様が祀られているエメラルド寺院の他に、様々な塔や鬼の象があります。また、王宮寺院であるため、エメラルド寺院の隣には歴代の王が暮らしていた王宮も合わせて観光することができます。歴史的遺産であることはもちろん、管理状態がとても良いことなどから、内外の観光客が多く、有数の写真スポットともなっています。

100日経っても、途切れることのなかった弔問の列

ワット・プラケオ、とはなんでしょうか。

タイ語でワットは寺のことです。プラケオは翡翠のことです。ワットプラケオには、翡翠の色をした仏像がありそれを指してお寺の名前がつきました。ただ、タイにはほかにもワットプラケオと呼ばれる仏像がいくつかあります。その中でなぜ、この寺院が首都バンコクにあり、ここまで有名になったのか。それは王宮と隣接しているからです。

1782年、ラーマ一世という王様が王宮と寺院を同じ場所に作りました。その後、この地は
現在に至るまで250年もの間、タイ人の信仰を集め大事にされてきました。他の寺院や遺
跡と違い、現在まで王宮として使われているため、外壁に至るまで常に手入れがされて美
しく保たれているところが魅力です。

2016年10月13日にプミポン国王が崩御されると、喪服に身を包んだ国民が弔問記帳に訪れました。崩御から100日たっても、弔問記帳のための長い列が途切れることはありません
でした。

タイ国民の王室との関わり方、深い敬意をうかがわせます。

壁画ラーマーヤナーに描かれた物語

ワット・プラケオのエメラルド寺院手前に壁画があります。びっしりと描かれたこの絵、ただの絵ではなく、実は一連の物語になっています。

これはラーマーヤナという神話で、元をたどると、ヒンズー教の教典にまで行き着くそうです。代々のタイの王様にラーマっていう呼び名がつくのもここから来ていると言われるほど、タイ人の宗教観に根付いたものだそうです。

では、ここに描かれているのは、どんな物語なのでしょうか?

詳しくは、ワット・プラケオのガイドを聴こう

詳しいガイドは、音声ガイドツアーアプリ「Pokke」で聴くことができます。現地ガイド監修なので、旅を楽しむことができます。ぜひ足を運んで、ガイドを聴きながら、ワット・プラケオをお楽しみください。

ワット・プラケオの物語をPokkeで聴いてみる

インストールは無料です

バンコクの他のオススメスポットも見てみよう

ガイドを都市で探してみる

ガイドを国で探してみる

国の一覧を見る

Pokkeは、最高な旅に必須のアプリです。

様々な観光スポットを音声で案内してくれる音声ガイドツアーアプリ。 その場所の見どころポイントだけではなく、歴史や文化、秘密、エピソードなども聴くことができます。 Pokkeで音声ガイドを聴きながら旅をすれば、ただ見て回るだけでは分からなかった世界が見えてきます。 あなたもPokkeと一緒に出かけてみませんか?

© 2018 MEBUKU Inc.