アプリ案内

その旅に、物語を。

ポン・デ・ザール芸術橋

パリで最もパリらしいカルティエと言われるサン・ジェルマン・デ・プレとパレ・ロワイヤル、ルーヴル美術館のあるカルティエを結ぶ橋、それがポン・デ・ザールです。

フランス語で「芸術の橋」という意味を持つポン・デ・ザールは、パリ市内ではとても珍しい歩行者専用の橋。

そして鉄を建材として用いられたパリで最初の橋でもあります。

また、かつて橋の欄干を埋め尽くしたおびただしいほどの南京錠「カデナ・ダムール」によって、橋の一部が壊れたことは大きなニュースにもなりました。

1804年に完成した橋は戦争中の爆撃や3度にわたる船の衝突事故などによりとても脆くなってしまい、取り壊されます。

今あるポン・デ・ザールはより丈夫な鉄鋼を素材として再建されたもので、取り壊された当時と同じ外観をしています。

ちょっと橋の足元を見てみましょう。

ポン・デ・ザールの床板は木製で、所によっては板の隙間からセーヌの流れが覗きます。

これは、車道が中央を走る他の橋ではありえない、歩行者専用だからこそ。

ポン・デ・ザール芸術橋のストーリー
エリア フランス > パリ
施設名 ポン・デ・ザール芸術橋
住所 Pont des Arts, 75006 Paris
営業時間 -
Webページ -
アクセス メトロ7号線Pont Neuf駅から徒歩すぐ
料金 -
パリのストーリー
一覧で見る