アプリ案内

その旅に、物語を。

サクレ・クール寺院

パリ18区の下町、モンマルトルの丘の上に立つ真っ白な大聖堂サクレ・クールは19世紀に建てられた純白のファサードが目にも眩しい寺院です。

標高130mとパリで最も高い位置に建てられた大聖堂は、エッフェル塔と同じくパリの全景を見渡せる展望スポットとしても人気。

年間にして1,100万人以上の人が訪れ、ノートルダム大聖堂に次ぐパリの第2の観光地です。

サクレ・クール寺院へ行くには、何通りもの方法があります。

通常はメトロの駅から丘を登って行きますが、そのメトロの駅も丘の周囲にいくつもあり、出発する駅によって全く違う道行きになります。

どこから出発しても問題なくたどり着けますが、最短距離はメトロ2番線のアンヴェール駅ではないでしょうか。

駅の出口から緩やかな坂を上ってルイ・ミシェル広場にでれば、見上げた視線の先にはサクレ・クール寺院の白いドームが見えます。

そこから急な階段を上って行くのもいいですが、足腰の強さをためされる傾斜と長さです。

もし大聖堂のドームに登るつもりなら、体力を温存するためにも広場の脇にある「フュニキュレール」というケーブルカーに乗って行きましょう。

メトロやバスの回数券で乗れるので手軽に利用できます。

一方で最短ルートは気にせずに、サクレ・クールの門前町ともいえるモンマルトル界隈を徒歩で通り抜けて寺院へ向かうのも、楽しいルートのひとつ。

散策を楽しみながらのルートはメトロ2番線のブランシュ駅、12番線のラマルク・クーランクール駅も悪くない選択肢です。

また、12番線のアベス駅なら散策ルートも広場からの正面ルートも気分次第で選べます。

注意点としては、アベス駅とラマルク・クーランクール駅はホームがとても深く、サクレ・クール寺院正面の階段と同じくらい長い階段を登らなければなりません。

駅のエレベーターを利用しましょう。

その他の方法としては、モンマルトルの名所を走る「プティ・トラン」や「モンマルトルビュス」があります。

2つともモンマルトルの観光バスで、プティ・トランは真っ白なミニSL風、モンマルトルビュスは普通のバスと外見は特に変わりません。

モンマルトルの名所を巡ってくれるため、モンマルトル観光を座って楽しみながらサクレ・クール寺院に到着できるのがポイントです。

どちらもメトロ12番アンヴェール駅近くに停車しますので、モンマルトルへ行くならアンヴェール駅、と覚えておくといいでしょう。

サクレ・クール寺院のストーリー
エリア フランス > パリ
施設名 サクレ・クール寺院
住所 35 Rue du Chevalier de la Barre, 75018 Paris
営業時間 6:00-22:30
Webページ https://www.sacre-coeur-montmartre.com/
アクセス メトロ12号線 Abbesses駅
メトロ2号線 Anvers駅
料金 寺院内無料
ドーム(天井)は6ユーロ
パリのストーリー
一覧で見る