アプリ案内

その旅に、物語を。

サント・シャペル

パリ観光の中心地・シテ島に、控えめな外観からは想像もできない美しさを秘めた建物があります。

サント・シャペル、フランス語で「聖なる礼拝堂」と名付けられた、幻想的なゴシック建築の宮殿礼拝堂です。

礼拝堂は信仰に熱心だったルイ9世がキリスト教の聖遺物を納めるために作ったものです。

1248年に完成した建物には、当時の技術の粋(すい)を凝らしたステンドグラスが現在まで残されています。

高さ15mのステンドグラスはパリで最も古く、全部合わせて600平方メートル以上もあるその規模は、世界最大級とも言われています。

礼拝堂内部の壁は、北・東・南の三方向そのほとんどがステンドグラスです。

太陽の光を絶妙な色に染めて聖堂を照らす光景を眺めていると、まさに宝石箱という形容がぴったりに思えてきます。

サント・シャペルのストーリー
エリア フランス > パリ
施設名 サント・シャペル
住所 8 boulevard du Palais 75001 Paris
営業時間 3月~10月 09:30~18:00
11月~2月 09:00~17:00
Webページ http://www.sainte-chapelle.fr/
アクセス メトロ4番線 Cité 駅 
メトロ4番線 Saint Michel 駅
料金 8,50ユーロ
パリのストーリー
一覧で見る