アプリ案内

その旅に、物語を。

シャンボール城

ルネッサンス時代の驚異とも、「建築学の真の数学的処理」の産物とも、言われるこの城館は、ロワール渓谷に建つ城の中で最大の広さを持ち、幅156m、奥行き117m、それに加え、なんと440の部屋、365の窓、83の階段があります。

歴代のフランス王たちがシャンボール城に滞在しました。

太陽王ルイ14世もその中の一人です。

見逃せないポイントは、レオナルド・ダ・ヴィンチが設計したといわれる二重の螺旋階段、フランソワ1世とルイ14世の居室、礼拝堂、テラス、シャンボールの森などです。

シャンポールの森は4500ヘクタールもあり、パリ市と同じ位の面積を誇ります。

このお城は、フランソワ一世のために16世紀に建てられました。

イタリアの古典的建築にフランスに中世建築様式を合わせた、フランス・ルネッサンス様式です。

中央に本館を取り巻くように、巨大な塔が4本取り囲む形で建っています。

フランソワ1世の死後、ルイ14世達の手に渡りますが、長く放置されてしまい、普仏戦争の際は野戦病院として使われていました。

1930年、城がフランス政府の資産となり、第二次世界大戦終了後しばらくして、ようやく修復が始まりました。

シャンボール城のストーリー
エリア フランス > パリ近郊
施設名 シャンボール城
住所 Château de Chambord 41250 Chambord
営業時間 10-3月 10~17時
4-9月 9~18時
Webページ https://www.chambord.org/fr/
アクセス パリから車で約1時間50分
料金 11ユーロ
パリ近郊のストーリー
一覧で見る