アプリ案内

その旅に、物語を。

ジェロニモス修道院

ジェロニモス修道院までは、市内の中心部から「トラム15E」で行くことが出来ます。

ジェロニモス修道院が建っているエリアは、「ベレン地区」と呼ばれており、ジェロニモス修道院、ベレンの塔、発見のモニュメントといった、リスボンに行ったら絶対にはずせない3大観光地が並んでいます。

ジェロニモス修道院は、1502年に、ポルトガル王「マヌエル1世」により着工され、完成するまでには、なんと300年もの歳月を費やしました。

その建築資金は、はじめ、「ヴァスコ・ダ・ガマ」が持ち帰った、胡椒などの「スパイス」の売却で得た莫大な利益によって賄われ、その後も「東方交易スパイス取引」によって得た収入で建築が続けられたそうです。

インド航路を発見し、ポルトガルを黄金時代へと導いたヴァスコ・ダ・ガマの功績を称え、ジェロニモス修道院の中には、彼の柩が安置されています。

マヌエル様式の見事な装飾が施された柩をみれば、いかに彼が偉大な冒険家であったかをはかり知ることができるでしょう。

以前、王家の霊廟は、バターリャ修道院の中にあったのですが、その後、ジェロニモス修道院が出来てから、霊廟はここに移されました。

ヴァスコ・ダ・ガマに航海を命じ、ポルトガルに富をもたらすきっかけを作った王「マヌエル1世」、ポルトガル史上最大の詩人とされる「ルイス・デ・カモンイス」、国民的作家「フェルナンド・ペッソア」らの柩も、この修道院に安置されています。

ジェロニモス修道院はすぐ近くにある「ベレンの塔」とともに、「リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔」として、1983年に「世界遺産」に登録されています。

ジェロニモス修道院のストーリー
エリア ポルトガル > リスボン
施設名 ジェロニモス修道院
住所 Praça do Império 1400-206 Lisboa
営業時間 10時~18時30分(10月~4月は17時30分)
Webページ http://www.patrimoniocultural.gov.pt/pt/museus-e-monumentos/dgpc/m/mosteiro-dos-jeronimos/
アクセス 市電(15番)Mosteuro dos Jeronimos停留所から徒歩1分
料金 10ユーロ
リスボンのストーリー
一覧で見る