都市からガイドを探す▼

モン・サン・ミッシェル

海に浮かぶ幻想的な世界遺産

行き方も解説!海に浮かぶ幻想的な世界遺産モン・サン・ミッシェル - フランス

フランス北西部のブルターニュ半島にそびえ立つモン・サン・ミッシェルは、カトリックの巡礼地として知られている由緒ある修道院です。モン・サン・ミッシェルは「西洋の驚異」と称されるほど美しく幻想的な佇まいで、1979年にユネスコの世界遺産にも登録されており、フランスに来たらぜひ1度は足を運んでみたい大人気の観光地です。

数々の戦いからも守られたモン・サン・ミッシェルの歴史

モン・サン・ミッシェルの歴史が始まったのは、今から1300年以上も昔、西暦708年にモン・サン・ミッシェルからほど近い町アブランシュの司教であったオベール司教の夢の中に大天使ミカエルが現れ「あの岩山の上に聖堂を建てよ。」と告げたことがきっかけでした。

司教はそのお告げをすぐには信じませんでしたが、大天使ミカエルは何度も司教の夢に現れ告げたため、観念した司教がお告げのあった通りの場所に聖堂を建てると、それまで陸続きだった場所が一瞬にして海に囲まれた孤島となったそうです。
そしてこの聖堂は「聖ミカエルの山」という意味の「モン・サン・ミッシェル」と名付けられ、カトリックの重要な巡礼地の1つになりました。

11世紀に入ると最初に造られた地下納骨堂の上を覆うように、岩山の頂点にロマネスク様式の大聖堂が新に建て直され、同時に最初のベネディクト会の修道院が併設して造られました。

12世紀には修道院が拡張され、13世紀には、ノルマンディー征服に続き、フランス国王からの寄贈によって、ゴシック様式部分のさらなる増築が行われ、ほぼ現在の様な形になったそうです。

14世紀になるとフランスとイギリス間で百年戦争が起こり、英仏間に位置するモン・サン・ミッシェルは修道院としては一旦閉鎖され、城塞として利用されるようになりましたが、ここには干満の差が激しく潮の流れも早かったため、敵の船が近づくことができず、モン・サン・ミッシェルはこの戦争による被害を特に受けることなかったそうです。

百年戦争が終結すると、大天使ミカエルがフランスを勝利に導いてくれたのだとますますモン・サン・ミッシェル崇拝が高まり、フランスを始めヨーロッパ各地から、今まで以上に多くの巡礼者達がこの聖地にやって来るようになりました。

その当時は今の様に交通が発達していませんでしたので、強盗に合ったり、疫病、戦いに巻き込まれるなどして道中で命を落とす者も少なくありませんでした。
無事に付近までたどり着けたとしても、モン・サン・ミッシェルの聖堂に行くには、今の様な橋もありませんでしたので、引き潮時を待って砂浜を渡らなければならず、潮の満ち引きが激しかったため、渡っている途中で大潮にさらわれ命を落とす者も少なくなかったそうです。

それでもやはり、このモン・サン・ミッシェルはなんとしてでも行きたい巡礼地でしたので、このような命がけの巡礼が、フランス革命の頃まで続きました。
16世紀になると、今度は宗教戦争が勃発し、モン・サン・ミッシェルはカトリックの過激派グループの拠点となり、プロテスタント側から度重なる攻撃を受けたと言います。
そして18世紀のフランス革命後は、モン・サン・ミッシェルは監獄として使用されるようになり、革命反制派の司祭や貴族など多くの政治犯が囚人としてここに送りこまれました。

1863年にナポレオン3世によって監獄は閉鎖されましたが、その間、ここに送りこまれた人数は、なんと1万2千人にも及ぶそうです。

監獄としての役目を終えた後、しばらくは荒れ果てていたモン・サン・ミッシェルですが、ロマン派の小説家であったヴィクトル・ユーゴーらの後押しがあって、ナポレオン3世は1865年に再びここを修道院として使用することを決定し、1874年から修復工事が開始されました。

その後、1879年には陸地と岩山の間に堤防が造られ、鉄道・道路ができ、陸地から直接島に渡れるようになり、フランス西部有数の観光地となりました。
さらに、1979年には、ユネスコの世界遺産に登録され、現在では年間に300万人もの観光客が世界から訪れる大人気の観光地となっています。

モン・サン・ミッシェルの見どころの一つは修道院

モン・サン・ミッシェル島内でメインとなるのが修道院。

ちなみに、この修道院、主要部分はゴシック様式ですが、長い時間をかけて増築・修復が繰り返されたので、内部は様々な中世の建築様式が混ざり合って構成されています。また、この修道院は下層階、中層階、上層階、と3階層の造りになっており、まずは下層階にある修道院の入り口にあたる「哨兵の間」に到着致します。

かつての巡礼者たちは、ここで武器を置き、修道院の中に入り、王族や地位の高い聖職者・貴族は武器を持って中に入ることを許可されたそうです。

この入り口から続く階段を上り、門をくぐり、さらに右奥進むと、かつてはここで修道僧が巡礼者たちを迎え入れていた「司祭の間」と呼ばれる空間があり、現在はここにチケット売り場がありますので購入してください。

チケットを購入したら、さきほどの「哨兵の間」の右先のカウンターでチケットを提示し、セキュリティチェックを受けて入場し、まずは「大階段(Le Grqnd degré interieur→ル・グラン・ドゥグレ・アンテリユール」」と呼ばれる140段もの階段を上ります。

大階段の両サイドには高い建物が建っており、所々に古い蛇口が付いているのがご覧頂けると思います。

大階段の上層部に来ると、右手に見えるのが今から見学する修道院付属教会で、左手に並んでいるのが14世紀から16世紀にかけて建てられた歴代の修道院長が住んでいた居住棟だそうです。

疲れて来ましたが、頑張って大階段を上まで上り詰めると修道院内の最大の教会の前に広がる「西のテラス」に続く入り口が見えてきます。

モン・サン・ミッシェルへの行き方・アクセスを解説

モン・サン・ミッシェルはパリから約370km離れた場所に位置し、直通の電車はないので、電車とバスを乗り継いで行くことになります。

パリのモンパルナス駅(Gare Montparnasse→ギャール モンパルナス)からTGVでレンヌ駅(Gare Rennes→ギャール レンヌ)へ行き、レンヌ駅北口から約50mのところにあるバスターミナルからモン・サン・ミッシェル直通バスを利用してモン・サン・ミッシェルまで向かいます。

パリからレンヌ駅までのTGVは約1時間半から2時間、モン・サン・ミッシェル行きのバスはレンヌ駅から70分ほどで到着です。

しっかりと時刻表を確認して行けば、日帰りで行くことも可能ですし、ゆっくりとした訪問をご希望でしたら余裕を持って1泊されるのも良いかと思います。

そのほか、もちろん旅行会社のバスツアーなどを利用すると、パリから直接バスで連れて行ってもらえますので、乗り換えなどに自信のない方はバスツアーを利用されると安心です。

詳しくは、モン・サン・ミッシェルのガイドを聴こう

モン・サン・ミッシェルのガイドを、トラベルガイドアプリ「Pokke」で聴くことができます。音楽と声といっしょに、モン・サン・ミッシェルの幻想的な世界の見どころを楽しみましょう。

モン・サン・ミッシェルの物語をPokkeで聴いてみる

インストールは無料です

パリ近郊の他のオススメスポットも見てみよう

ガイドを都市で探してみる

ガイドを国で探してみる

国の一覧を見る

Pokkeは、最高な旅に必須のアプリです。

様々な観光スポットを音声で案内してくれる音声ガイドツアーアプリ。 その場所の見どころポイントだけではなく、歴史や文化、秘密、エピソードなども聴くことができます。 Pokkeで音声ガイドを聴きながら旅をすれば、ただ見て回るだけでは分からなかった世界が見えてきます。 あなたもPokkeと一緒に出かけてみませんか?

© 2017 MEBUKU Inc.