アプリ案内

その旅に、物語を。

聖パウロを記念する世界で二番目に大きなセント・ポール大聖堂の見どころ

テキスト

聖パウロを記念する、英国国教会最大の大聖堂。クリストファー・レンの最高傑作であり、王室の行事や首相の葬儀も執り行う、とても重要な大聖堂です。

ロンドンの金融街の中心に位置する、英国国教会のセント・ポール大聖堂。世界で二番目の大きさを誇る大聖堂は、外観も内装も美しく計算しつくされていて、イギリスを代表する建築家の偉大さを感じる大聖堂です。

計算しつくされた建築と、美しく映えるモザイク画で装飾された内装

世界有数の金融街、ロンドンの「シティ」にそびえ立つセント・ポール大聖堂。この地には、古くから教会が建っていましたが、災害によって何度か壊滅的な被害を受けました。1666年のロンドン大火の後、イギリスを代表する建築家クリストファー・レンによって建て替えられたのが現在のセント・ポール大聖堂です。

計算しつくされた建築と、美しく映えるモザイク画で装飾された内装は力強い存在感で、観る者を圧倒させます。そのイギリス的厳格な姿に、多くの画家達は、ロンドンのシンボルとして風景画に取り入れ、ロンドンの変わり行く歴史を語ってきました。

キリスト教は大きく分けるとカトリック、プロテスタント、東方教会があるのを知っていますか? セント・ポール大聖堂はカトリックではなく、プロテスタントの一派の英国国教会の教会です。英国国教会とはローマ教皇庁から離れ、イギリスの統治者が教会の首長であるという特徴があります。また、英国王室の教会、ウェストミンスター寺院とも区別され、イーストミンスターと表現されることもあります。

セント・ポール大聖堂では王室の行事も度々行われています。 一番有名なのは1981年、故プリンセス・ダイアナとチャーチル皇太子の結婚式が行われたことでしょう。それがきっかけで世界的に有名になり、現在も多くの信者と観光客が訪れているのかもしれませんね。また、ヴィクトリア女王やエリザベス女王2世の即位記念式典や、チャーチル元首相とサッチャー元首相の葬儀が行われたことでも知られています。

本当に聴こえる?ささやきの回廊を体験してみよう!

セント・ポール大聖堂のもうひとつの目玉は展望台です。高さは劣りますが、ザ・シャードとロンドン・アイと並んでロンドンの街を見下ろすのにおすすめです。 目指すは高さ85メートルの位置にある「黄金回廊」です。そこまでは合計1161段の階段を上ることになるので、かなり体力に自信のある人意外は上らない方が良いかもしれませんね。 階段を上り始めると、まず地上30メートルの位置にある「ささやきの回廊」に着きます。ドームの内側の聖パウロの生涯の絵がより近くで眺められます。壁に向かってささやいた声が、ドームの反対側まで聞こえることからこう呼ばれています。当時の建築技術・計算技術の高さがうかがえます。 実際に、聴こえるかどうか、ぜひお試しください。

施設情報

施設名 セント・ポール大聖堂
エリア イギリス > ロンドン
住所 St Paul’s Churchyard London EC4M 8AD
営業時間 [水~金] 11:30~16:30
定休日 8:30-16:30
このストーリーを
シェアしよう

聖パウロを記念する世界で二番目に大きなセント・ポール大聖堂の見どころ | https://jp.pokke.in/story/4728

Pokke公式SNSアカウントを
フォローして、
世界の旅先の物語に触れよう

共有

https://jp.pokke.in/story/4728

リンクをクリップボードにコピーしました。