ヴェネツィアで最も有名な大聖堂

サン・マルコ寺院

アプリPokkeとは?

サン・マルコ寺院はヴェネツィアで最も有名な大聖堂です。建物の外観や、モザイクをふんだんに装飾した内観も素晴らしく、また豚肉の中に隠して運び出したなどの面白いエピソードも満載です。

1.イントロダクション

ヴェネツィアで最も有名な大聖堂

サンマルコ寺院は、守護聖人マルコに捧げられた、ヴェネツィアで最も有名な大聖堂です。832年に建立され、その後1度焼失していますが、幾度もの改修を経て17世紀には現在の姿になったと言われています。建物内は黄金にきらめく壁や天井と、祭壇には2,000個もの眩い宝石が埋め込まれた黄金の衝立があります。細やかな装飾によって建築されたサンマルコ寺院は、見所がたくさんあります。

2.サン・マルコ寺院建設の由来と聖遺物

豚肉の中に隠されて運び出された聖遺物

中世、ヨーロッパ各地の町では有名な聖人の聖遺物を見つけ出し、町の守護聖人とすることで町の格を上げるということが流行っていました。そして、ビザンツ帝国の勢力下にあったヴェネツィアも帝国からの独立を目指すために守護聖人を戴くための聖遺物を探していたのです。

 
828年、エジプトのアレキサンドリアで殉教しその地に埋葬されていた聖マルコの遺骸をひそかに買収、運び出し、ヴェネツィアに移されました。当時アレキサンドリアはイスラム圏だったため、彼らの目をごまかすために聖マルコの遺体はムスリムが忌み嫌う豚肉の中に隠されて運び出されたといいます。聖マルコの遺体はこれ以上無いくらいの極上の聖遺物でしたので、熱狂をもってヴェネツィア市民に迎えられました。そして、すぐさまそれをお祀りするための大聖堂が建立されました。これがサンマルコ寺院であり、同時に聖マルコはヴェネツィアの守護聖人となったのです。

 

 

3.サン・マルコ寺院の建築と4頭の馬

ビザンティン建築を代表する記念建築物

面入口の屋根に置かれた4頭の馬の銅像は、紀元前5世紀から紀元前4世紀の間に製作されたもので、コンスタンティノープルの競馬場にありました。1204年の第4回十字軍の際に、戦利品としてヴェネツィアに運ばれました。

 

その後1797年、ナポレオンがヴェネツィア共和国を降伏させた際に戦利品としてパリに送ります。しかし1815年にナポレオンが失脚すると4頭すべての馬が、ヴェネツィアに返還されました。現在屋根の上にある4頭はレプリカで、本物は内部に置かれています。屋根に置かれたものもレプリカとはいえ、200年以上の時を経ている歴史的な芸術品です。

 

 

4.外観のモザイク

聖人マルコの遺体を運んだ際のエピソード

色大理石と彫刻で豪華に飾り付けられたファサード。はじめにサンマルコ寺院建設の由来をお話ししましたが、このモザイクには、聖人マルコの遺体を運んだ際のエピソードにまつわる場面が描かれています。正面に向かって一番右側のモザイクから見てみましょう。

 

 

まずは「アレッサンドリアから運ばれる聖マルコの遺体」がご覧いただけるでしょうか。次は「聖マルコ遺体のヴェネツィア到着」を描いたものです。中央のアーチは後ほどご案内します。その次は「ヴェネツィア総督および市民の聖マルコ遺体歓迎」が描かれています。 正面に向かって一番左側のモザイクは、「行列で大聖堂内へ運ばれる聖マルコの棺」です。クーポラつきの大きな建物の前に、豪華に着飾った人々がたくさん集まっている様子が、描かれていますね。真ん中に掲げられている棺の中にいるのは、運ばれた聖マルコです。聖マルコの遺骸を掲げ、大聖堂前を行列している場面です。そして背後に見えているのは、この聖堂そのものです。

 

 

5.サン・マルコ寺院の内部見学

ヴェネツィアの水路から街を眺めながら、ヴェネツィアの地理をお話ししましょう

内部の素材は、すべて大理石が使われています。元はオスマン帝国の寺院として建てられたため、ビザンチン様式独特の金色に輝く華やかな作りとなっています。黄金の天井に描かれたモザイクは、旧約聖書やキリストの生涯を描いたもので、中央の一番大きなクーポラは、「昇天のクーポラ」と呼ばれています。光が当たる箇所と暗い箇所の陰影で、その変化が楽しめますね。

 

 

この寺院内では、天井のモザイクだけではなく、見事な床のモザイク装飾もご注目ください。ヴェネツィアでは、ビザンチン美術の影響を受けて9世紀頃からヴェネツィアン・ガラスのモザイクが発達したのです。金箔に裏表からヴェネツィアン・ガラスを貼って、モザイクを作るそうです。この黄金の美しさは目を見張るものがあります。様々な色が用いられたその豪華さは、まさにヴェネツィア共和国の栄光の象徴とも言えます。

 

 

6.サン・マルコ寺院の博物館や宝物庫

次は、ゴンドラの歴史をお話ししましょう。

博物館の中には、十字軍がコンスタンティノープルから持ち帰った戦利品、またサンマルコ寺院の模型などが展示されています。また、寺院の外観にも内観にもふんだんに使用されたモザイクの手法、そしてテッセラと呼ばれるガラスの1つ1つの片の作り方について詳しく展示されています。その他には、修復工事中に発見された、11世紀から12世紀のものとされるモザイクなどもあるほか、モザイクで飾られた本堂の壁の一部を目の前で見ることができます。

 

 

また宝物館には、キリストの十字架への道行きの様子が描かれた巨大タペストリーや、ヴェネツィア共和国の戦利品が展示されています。ご興味のある方は、ぜひ、ご見学ください。

Pokkeを気に入って頂けたら
いいね、フォローをお願いします

サン・マルコ寺院をPokkeで聴く

Pokkeとは?

様々な観光スポットを音声で案内してくれる音声ガイドツアーアプリ。旅先をただ見て回るだけでは気づけないエピソードをあなただけのガイドが一緒に回ってくれるかのように説明を聞くことができます。

YOU MAY ALSO LIKE

こちらのガイドも人気です

塔の街サンジミニャーノ

スペイン広場

サン・ピエトロ広場 〜天才芸術家ベルニーニによる精巧な設計〜

システィーナ礼拝堂と「最後の審判」

サン・ピエトロ大聖堂

Pokkeが気に入って頂けましたら
いいね!フォローをお願いします。