アプリ案内

その旅に、物語を。

サン・マルコ寺院

サン・マルコ寺院の中に入ると、まずはじめに目に入ってくるのは、 床、柱、壁の眩いほどのモザイクの豪華さでしょう。

内部の素材は、すべて大理石が使われています。

元はオスマン帝国の寺院として建てられたため、ビザンチン様式独特の金色に輝く華やかな作りとなっています。

黄金の天井に描かれたモザイクは、旧約聖書やキリストの生涯を描いたもので、中央の一番大きなクーポラは、「昇天のクーポラ」と呼ばれています。

光が当たる箇所と暗い箇所の陰影で、その変化が楽しめます。

この寺院内では、天井のモザイクだけではなく、見事な床のモザイク装飾もご注目ください。

ヴェネツィアでは、ビザンチン美術の影響を受けて9世紀頃からヴェネツィアン・ガラスのモザイクが発達したのです。

金箔に裏表からヴェネツィアン・ガラスを貼って、モザイクを作るそうです。

この黄金の美しさは目を見張るものがあります。

様々な色が用いられたその豪華さは、まさにヴェネツィア共和国の栄光の象徴とも言えます。

サン・マルコ寺院のストーリー
エリア イタリア > ヴェネツィア
施設名 サン・マルコ寺院
住所 Tesoro della Basilica di San Marco, Piazza San Marco 328, 30124 Venice
営業時間 9:45-17:00[日・祝]14:00-17:00
Webページ http://www.basilicasanmarco.it/?lang=en
アクセス サン・ザッカリア(S. Zaccaria)から徒歩2分
料金 パラ・ドーロと宝物庫は3ユーロ
博物館は5ユーロ
ヴェネツィアのストーリー
一覧で見る