アプリ案内

その旅に、物語を。

アカデミア美術館

フィレンツェの街でウフィツィ美術館に続いて人気のあるアカデミア美術館は、毎日世界中からミケランジェロの傑作ダヴィデを見に来る人たちで溢れています。

アカデミア美術館はフィレンツェの美術学校アッカデミア・ディ・ベッレ・ アルティ付属の美術館として1784年にオープンしました。

フィレンツェで芸術家を目指す若い学生たちが、過去のマエストロたちの作品を見て学べるように設立されたものです。

1873年にダヴィデ像がシニョーリア広場から移転され、それに続きミケランジェロの未完の彫刻作品がボーボリ庭園などから運ばれました。

今日では7体という世界最多のミケランジェロの作品を所蔵する「ミケランジェロの美術館」というイメージが定着しています。

ここで興味深いお話を一つご紹介します。

ルネッサンスの時代にはフィレンツェの中心には多くの工房があり、そこには沢山の弟子がマエストロの仕事を手伝いながら各芸術分野の技術を学んでいました。

フィレンツェはレオナルドダヴィンチやミケランジェロ、ボッティチェリなどの類い稀なる芸術家を生み出した「芸術の街」として知られていますが、彼らもそれらの工房から旅立っていったのです。

しかしその方法では工房によって技法の教え方が異なるため、メディチ家のコジモ一世は画一化した体制で美術教育を受けさせる美術学校アッカデミア・デッレ・アルティ・デル・ディゼーニョを1563年に開校しました。

これが世界最初の公立の美術学校になります。

アカデミア美術館周辺は芸術地区になっています。

美術館の左側には国立美術学校になるアッカデミア・ディ・ベッレ・ アルティ、右側には国立ルイジ・ケルビーニ音楽学校があり、美術館の左右に音楽と美術の学校があります。

アカデミア美術館のストーリー
エリア イタリア > フィレンツェ
施設名 アカデミア美術館
住所 Galleria dell'Accademia, Via Ricasoli 58-60, 50122 Firenze
営業時間 8:15~18:50
Webページ https://www.galleriaaccademiafirenze.it/
アクセス Santa Maria Novella駅から徒歩20分
料金 11ユーロ
フィレンツェのストーリー
一覧で見る