アプリ案内

その旅に、物語を。

ウフィツィ美術館

400を超えるイタリアの国立美術館の中でも入館者数3位を誇るウフィツィ美術館。

ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」や「春」、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなどの三大巨匠の作品が展示されたルネッサンスの栄光の歴史を物語る重要な美術館になっています。

ウフィツィという名前は、元はトスカーナ大公国の事務所だった事から、イタリア語で「事務所、オフィス」を表す「ウフィツィ」が由来です。

ウフィツィの建物は、1560年にトスカーナ大公コジモ一世の指示により建築家ジョルジョ・ヴァザーリが大公国の新しい行政館として建設し始めます。

そして1580年に建築家ベルナルド・ブゥオンタレンティが完成させました。

ウフィツィはヨーロッパで最初の博物館でもあります。

博識で知られた二代目のトスカーナ大公フランチェスコ一世はウフィツィの最上階の廊下に絵画や古代彫刻、武具など自慢のコレクションを飾り始め、要望があれば見学可能という形で一般公開を始めました。

ヨーロッパ最初の公共の博物館と言われています。

やがて大規模に絵画作品が集められるようになり、時代順に展示されて、国立美術館として公開されるようになりました。

建物はカタカナのコの字型の形をしていて、1階部分はイオニア式の円柱の並ぶ柱廊が広場に面しています。

広場に向かって並んでいる彫刻像はフィレンツェが生んだ偉人たちが紹介されています。

大きくふくらんだ帽子をかぶり豊かな髭を生やした上品そうな老人はルネッサンス三大巨匠の1人レオナルド・ダ・ヴィンチです。

その右隣はルネッサンス三大巨匠の2人目のミケランジェロ・ブォナローティが設置されています。

この2人は生前から不仲説が有名だった事からお互いがそっぽを向くように作られたそうです。

ウフィツィ美術館のストーリー
エリア イタリア > フィレンツェ
施設名 ウフィツィ美術館
住所 Piazzale degli Uffizi, 6, 50122 Firenze
営業時間 火曜~日曜 - 8:15~18:50
Webページ https://www.uffizi.it/
アクセス SMN(Firenze Santa Maria Novella)駅から徒歩15分
ドゥオーモから徒歩10分弱
ATAF GALLERIA DEGLI UFFIZI停留所から徒歩2分
料金 一般は8ユーロ
特別展示は12.5ユーロ
12歳未満は無料(要保護者同伴)
毎月第一日曜は全員無料
フィレンツェのストーリー
一覧で見る