アプリ案内

その旅に、物語を。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

トスカーナ産の白、ピンク、緑の三色の大理石で装飾された大聖堂はその華やかさと壮大さから、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、つまり「花の聖母マリア大聖堂」と呼ばれています。

「絵画論」などの著作で知られるルネッサンスを代表するレオン・バッティスタ・アルベルティがこう語っています。

「天にも迫る壮大な大聖堂 その影はトスカーナの市民全てを覆う。」

1400年代ヨーロッパ屈指の大きさを誇った大聖堂が如何に当時の人たちを圧倒したのかが伝わる言葉です。

このフィレンツェを象徴する大聖堂は、建築家アルノルフォ・ディ・カンビオによって1296年に建設が開始されました。

1436年にフィリッポ・ブルネレスキによって直径43メートルのイタリア最大のクーポラが完成し、140年かけた大聖堂の建設は終了しました。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のストーリー
エリア イタリア > フィレンツェ
施設名 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
住所 Piazza del Duomo, 50122 Firenze
営業時間 10:00~17:00
土 - 10:00~16:45
日祝 - 13:30~16:45
5・10月の木曜日 - 10:00~16:00
1~4月、11~12月の木曜日 - 10:00~16:30
Webページ https://duomo.firenze.it/it/38/cattedrale-di-santa-maria-del-fiore
アクセス サンタマリアノヴェッラ駅(stazione S.M.N)から徒歩15分
料金 無料
フィレンツェのストーリー
一覧で見る