都市からガイドを探す▼

ジョットの鐘楼

フィレンツェの街を見渡せる絶景スポット

ジョットの鐘楼に登って、フィレンツェの街を見渡そう! - イタリア

ジョットとは実は画家の名前です。中世、フィレンツェの画家・建築家で写実的な描写、三次元的な空間、人物や自然などの感情表現を復活させたとして、「西洋絵画の父」とも呼ばれています。巨匠ジョットが晩年に挑戦したのが、天にそびえる大聖堂の鐘楼でした。また、ジョットの鐘楼に登って見るフィレンツェの街並みは絶景です。

1300年代の天才画家ジョットの遺作

優美な大聖堂の隣にふさわしいスラリと伸びる優雅な鐘楼は天才画家ジョットがデザインしたものです。
ジョットは「1300年代の天才画家」と称され、同時代の詩人たちダンテやペトラルカ、ボッカッチョが賞賛し、レオナルド・ダ・ヴィンチから尊敬され、ミケランジェロがその手法を模したとまで言われている画家です。彼がデザインした鐘楼は芸術家を讃える為に「ジョットの鐘楼」と名付けられました。

ジョットの鐘楼は大聖堂の建築家アルノルフォ・ディ・カンビオに寄って1298年頃建設が開始され、その後ジョットが外観のデザインを担当し1359年に完成しました。

四方の壁には、天体や旧約聖書の物語をはじめ抽象的な寓意像などが彫られています

西の壁の菱形の浮き彫り装飾は左側から土星、木星、火星、太陽などの天体が表されています。下の六角形の浮き彫り装飾は「アダムの創造」,「イヴの創造」,「祖先の仕事」「ヤバルの物語」など旧約聖書の物語が表されています。高い位置にあり見えにくいのですがその上の大理石の全身像で表されているのは「ダニエル」、「アバクク」など旧約聖書の4人の預言者たちが並んでいます。

次に南側の装飾です。
菱形のレリーフは左から「 信仰」「慈愛」「希望」「慎重」など美徳の寓意像、六角形の浮き彫り装飾は「天文学」「教育」「薬学」「乗馬と狩猟」などの学識、労働分野など彫刻像は「モーゼ」などの預言者たち。

東の壁には鐘楼に登る為の入り口があります。
菱形のレリーフは 「天文学」「音楽」「幾何学」「文法」など基本的な学問分野、六角形の浮き彫り装飾は「航海」「裁判」「農業」は労働分野や社会的機能など、彫刻像は「マラキア」や「ザカリア」、「イサクの犠牲」、「イサヤ」などです。

北の壁は大聖堂と鐘楼の間で見えにくいのですが
菱形には「洗礼」「告解」「結婚」「聖職」など教会儀式、六角形の浮き彫り装飾は「彫刻」「絵画」「天文学」などの芸術分野を表し、彫刻像は「シュビラ」、「ダビデ」など4人の旧約聖書の人物になります。

高さ85メートルの鐘楼の頂上からフィレンツェの美しい街並みを一望しよう

鐘楼の入り口にチケット売り場があり、15ユーロのチケットを購入すると416段の階段を登って高さ85メートルの頂上まで上ることができます。残念ながらエレベーターはありません。クーポラとは違って登っている途中に3室の踊り場がありますから,途中で休憩を入れたり写真を撮ったりしながら自分のテンポで登る事ができます。

鐘楼には5つの使われていない古い鐘と、現在使用されている7つ鐘が取り付けられています。鐘は小さいもので320キロ、大きなものは5トンのものまであり、その大きさよって音色の違う音がでます。

ハイシーズンの時は大変長い行列ができていることもあり、待ち時間が2時間以上になることもあります。

詳しくは、ジョットの鐘楼のガイドを聴こう

ジョットの鐘楼のガイドを、トラベルガイドアプリ「Pokke」で聴くことができます。音楽と声といっしょに、ジョットの鐘楼の世界を楽しみましょう。

ジョットの鐘楼の物語をPokkeで聴いてみる

インストールは無料です

フィレンツェの他のオススメスポットも見てみよう

ガイドを都市で探してみる

ガイドを国で探してみる

国の一覧を見る

Pokkeは、最高な旅に必須のアプリです。

様々な観光スポットを音声で案内してくれる音声ガイドツアーアプリ。 その場所の見どころポイントだけではなく、歴史や文化、秘密、エピソードなども聴くことができます。 Pokkeで音声ガイドを聴きながら旅をすれば、ただ見て回るだけでは分からなかった世界が見えてきます。 あなたもPokkeと一緒に出かけてみませんか?

© 2017 MEBUKU Inc.