アプリ案内

その旅に、物語を。

カタコンブ・ド・パリ

骨の重さで倒壊!巨大地下墓地ができるまで

パリの地下は骨だらけ!?カタコンブ・ド・パリが面白い! - フランス・パリ

カタコンブ・ド・パリ。 華やかなパリの都の地下には数え切れないほど無数のガイコツがひしめいています。 世界最大の地下墓地は地上とはまったくの別世界。 両側の壁を埋め尽くす頭蓋骨たちに見降ろされ、 通路を進んだ先は全くの異次元の世界へとつながっています。 フランスの首都パリの地下には「カタコンブ・ド・パリ」と呼ばれる世界最大規模の地下墓地があり、600万体の遺骨が納められています。 ヨーロッパの他の地下墓地は「カタコンベ」と呼ばれ、最初から墓地にすることを目的として造られていることが多いのですが、パリのカタコンブは最初から墓地として造られたわけではなく、パリの町を造るために必要な石を掘り出す採石場でした。 石を掘り出してぼっかりと空いてしまった地下トンネルに、埋没場所がなくなった遺体を移したのがその始まりだそうです。 この地下トンネルはパリ市内全域に広がり、地下20m~30mの深さにあり全長500kmはあると言われていますが、カタコンブとして一般公開されている見学コースはその中の約1.7kmほどです。

どうしてパリの地下に骸骨が?

石畳の美しい町並みパリの地下に広がる広大な納骨堂カタコンブ・ド・パリ。 世界でも類を見ない巨大な地下墓地はいったいどのようにして生まれたのでしょうか。 まずはその歴史的背景からご説明しましょう。 ローマ時代からの長い歴史を持つパリでは、昔から土葬の習慣がありました。 パリ市民が亡くなると、教会の地下や教会周辺の墓地に土葬されていたのです。 10世紀になるとパリ教区内に人口が密集し始めたことから、だんだんと墓地の場所が不足するようになりました。 住民の数も多かったため、墓地の場所を拡張することすらできずにいました。 12世紀の頭ごろになると教会墓地に入りきらなくなった遺体を埋葬するために、 現在のレアル地区に新しく集団埋葬墓地「サン・イノサン墓地」が作られます。 教会区の墓地よりは安い埋葬費用が設けられたため、教会に高い埋葬料を払えない貧しい人々の遺体が収容されるようになります。 しかし、17世紀になるとサン・イノサン墓地ですらもはや新たな死人を埋葬する場所がないほどの満員状態になってしまいます。 そんな状況ですが、聖職者達は教会運営のために少しでも埋葬料を取得しなければならず、遺体の埋葬を続けました。 その結果、サン・イノサン墓地周辺はゴミと糞尿、死体の腐敗臭に包まれ、衛生状態が悪化。 疫病によって命を落とす人が増えていきました。 18世紀にはさらには戦争や紛争、ペストなどの疫病が大流行し、ますます多くの人が亡くなったことから、 サン・イノサン墓地だけでなくパリ中の墓地がこれ以上遺体を埋葬することができない状態に陥ってしまします。 そして1780年。 ついにおそろしい事件が起こったのです。 サン・イノサン墓地周辺の地下にあったワイン貯蔵庫の壁が、 地下に埋葬された遺体のあまりの重さに耐えきれず倒壊してしまったのです。 この事件の以前にも、このワイン貯蔵庫のワインは壁を越えて侵入してくる遺体の腐敗臭によって1週間もしないうちに酸っぱくなり、保管されていた食べ物は腐ったということですので、相当に不衛生だったことが伺えます。 そこで1785年11月、パリ高等院はついにサン・イノサン墓地の閉鎖を決定しました。

一石二鳥の解決策

ここでパリの美しい街並みを思い出してみてください。 統一された石造りの建物が整然と建ち並んでいました。 パリの建物に使用されている石材は、何世紀にも渡ってパリの地下採石場から切り出されたものです。 このため、街が発展し採石場が拡大するにつれて、地下の空洞が拡大していきました。 やがて採石場の老朽化にともない、地下の壁や柱が崩れ、地盤沈下などの問題が起こるようになっていました。 18世紀後半、政府は長期間放置されていたパリの採石場の状況を調査します。 地盤沈下を引き起こす空っぽのトンネルを見て、彼らは一つのアイデアを思いつきました。 それこそが墓地に埋葬しきれなくなっていた遺体をこの空洞に埋葬してしまおう!というものだったのです。 パリ中に溢れかえっている遺体を処理することができ、地盤沈下を引き起こす採石場跡を埋めることができる。 まさに一石二鳥のアイデアでした。 1786年。 サン・イノサン墓地を始めパリの地下に乱雑に埋葬されていた遺骨を収容し、2年かけて採石場跡に移送しました。 これこそが地下納骨堂、カタコンブ・ド・パリの始まりです。 その後もカタコンブ・ド・パリはフランス革命時代には、 無名の囚人からギロチンで処刑された多くの著名人まで数多くの遺骨を納める場所として利用されてきました。 骸骨が並べられている奇妙な光景は人々の関心を引くことになり、地下納骨堂が造られてすぐの1806年には一握りの特権階級の貴族たちのための公共の観光ツアーが開催されるほどでした。 実はカタコンブ・ド・パリの見学ルートに電気が引かれたのはつい最近の1983年。 それまでは火を灯したろうそくを手に見学していたそうですから、今よりももっとおどろおどろしい雰囲気でスリル満点だったことでしょう。

カタコンブ・ド・パリの内部へ

前置きが長くなってしまいましたが、地下墓地の中の様子について簡単にご説明しましょう。 入口から内部に足を踏み入れると、そこには130段の石造りの狭い螺旋階段が地下へと続きます。 その階段を18メートル降っていくと、あたりは急に薄暗くなってきます。 石造りの天井や壁からは地下水がしみ出しており、真夏でも14度ほどのひんやりした空間が広がっています。 視界の先には人が一人通るのがやっとの曲がりくねった薄暗い地下道が見えます。 地下道を進んでいくと、この場所が異世界への入口であることを実感することでしょう。 道中、パリの地下の歴史を説明するパネルや、かつて採石場であったことを示す様々な石の彫刻が展示されています。 それらを見ながら進んでいくと、納骨堂へと続く石造りの入り口へと到着です。 そこには、 「Arrête! C‘est ici l’empire de la More!」 の文字が刻まれています。 「止まれ!ここは死の帝国である。」と言う意味です。 ここから先は死者の世界。踏みとどまるなら今が最後。 しかし踏みとどまることなく、勇気を出して中へと入ってみましょう。 入り口をくぐり石造りの狭いトンネルを進んで行くと、ついに遺骨が並ぶ空間へとたどりつきます。 通路の左右には2メートルの高さにまでびっしりと隙間なく積み上げられた「骸骨の壁」が続いています。 どちらを向いても、骨、骨、骨、、、。 一体何人分の骨がこの場所にあるのか、想像できるでしょうか? なんと600万体から700万体の遺骨が埋葬されていると推測され、 この骸骨の壁が地下のトンネル沿いに数百メートルにわたって続いているのです。 しかし、これだけの著しい数の遺骨を前にすると「怖い」や「恐ろしい」といった感情は不思議とわき起こらず、 ただただ「すごい!」と圧倒されてしまうのではないでしょうか。 そして、盗難防止及び保存のために「遺骨には絶対に触らないで下さい。」との決まり事はあるものの、 特に柵などが施されてることもなく、すぐ目の前にまで遺骨が迫っていることにも驚きます。 先へと進むと、頭蓋骨でハートマークが描かれていたり、ワインの樽の様な形が描かれていたりと、 この納骨堂に遺骨を埋葬した当時の人々のちょっとした遊び心が感じられ、思わず微笑ましい気分になってしまいます。 フラッシュを使用しなければ写真撮影も許可されているので、気に入った頭蓋骨とぜひ記念撮影などいかがでしょうか?

もっと知りたい人はカタコンブ・ド・パリのガイドを聴こう

カタコンブ・ド・パリの見どころはまだまだ続きます。 気になった方は現地でガイドを聴いてみましょう。 □カタコンブ・ド・パリの入場料・営業時間 入場料:大人:12€ 18歳~26歳:10€ 4歳~17歳:5€ 営業時間:10:00~20:30 定休日:月曜 所要時間:約1時間 所在地:1,avenue du Colonel Henri Rol-Tanguy 75014 Paris アクセス:地下鉄4番線・6番線・RERB線Denfer-Rochereau(ダンフェール・ロシュロ)駅から徒歩2分

カタコンブ・ド・パリの物語をPokkeで聴いてみる

インストールは無料です

パリの他のオススメスポットも見てみよう

ガイドを都市で探してみる

ガイドを国で探してみる

国の一覧を見る