都市からガイドを探す▼

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガレリア

あのディズニーのワールドバザールのモデル!?

牡牛のレリーフの上で回ると幸せになれる!?ミラノのガレリア

ミラノのドゥオーモを訪れたなら、一緒に立ち寄ってしまいたいのがこのガレリアです。
ドゥオーモとスカラ広場を結ぶ道でもあります。

何も知らずに来たら、ただのアーケード街かと思ってしまう方もいるでしょうが、ガレリアはただのアーケードではありません。

ガッレリアに足を踏み入れると、まずは自然と上を見上げてしまうことでしょう。
張り巡らされた鉄骨に透明なガラス張りの天井が視界一面に飛び込んできます。

とにかく大きく、驚くほど天井が高いのです。

左右を見渡すと、プラダ、ルイヴィトン、シャネルなど高級ブティックが並びます。
そう、このガレリアはファッションの総本山。ミラノで買い物といえば、このガレリアになります。

このガレリアはイタリア王国の初代国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世にちなんで名づけられました。
イタリアの建築家ジュゼッペ・メンゴーニによって1865年から12年かけて建設されました。

伝統的な石造りの工法にガラス、鉄、石、そして近代の鉄骨を組み合わせた新旧が融合した建築様式が特徴的です。

ミラノのガレリアはディズニーのワールドバザールのモデル!?

どの入口からでも真っすぐ中心に向かって進むと東西と南北のアーケードが交差するドーム状の中央部へと出ます。
床には美しいモザイクタイル。

天井を見上げると、丸いガラス張りのドームから美しい光が差し込んでいます。

そして、四方にはプラダ、ルイヴィトン、ヴェルサーチェ、そしてもう一つプラダが軒を連ねます。
ちなみにここのプラダのお店がプラダの本店です。

ガレリアは近代的なショッピングアーケードの先駆けとなり、後の建築様式に大きな影響を与えました。
中央のドームを支える4つのアーチにはヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカの4大陸をイメージしたフレスコ画が描かれています。

ところで、ガレリアのこの光景。
既視感を覚える人が多いようです。

実はこの場所はディズニーランドのワールドバザールのモデルになった場所なのです。
東京以外のディズニーテーマパークでは、入り口付近のお店の部分はメインストリートUSAと呼ばれていますが、
東京だけは雨が多い日本の気候に配慮して屋根と一体型のミラノのガレリアをモデルにしたワールドバザールを建てたそうです。

ちなみにガレリアはファッションだけではありません。
この一帯はおしゃれなカフェやレストランがあることでも有名です。
中には創業100年以上のカフェもあります。
ガレリアの屋根の下でゆったりとした都会のひと時を楽しみましょう。

幸せを呼ぶ牡牛のレリーフで回ろう

ガレリアの中央部分でなにやら人が集まっている場所があります。

彼らの足元には床に描かれたフレスコ画のなかに牛のデザインが描かれています。
実はガレリアには幸せを呼ぶ牡牛のレリーフというものがあります。

この牛の股間の部分にかかとをのせて立ったままくるくると回転すると幸せになれるそうです。
多くの観光客が順番待ちで写真を撮っている様子も珍しくありません。

牡牛のレリーフは結構有名なゲン担ぎの場所なので観光シーズンには行列ができることも少なくありません。
一日に数千回もかかとでくるくるされるので、股間の部分に穴が空いてしまっています。

しかし、実はこのおまじないは観光客よりも地元の市民のほうが熱心に行っているようです。
朝夕の通勤時にスーツ姿のビジネスマンや買い物帰りの主婦が牛の股間を踏みつけて回転していく様子が頻繁に目撃されています。

もっと知りたい人はヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガレリアのガイドを聴こう

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガレリアの見どころはまだまだ続きます。
気になった方は現地でガイドを聴いてみましょう。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガレリアの物語をPokkeで聴いてみる

インストールは無料です

ミラノの他のオススメスポットも見てみよう

ガイドを都市で探してみる

ガイドを国で探してみる

国の一覧を見る

Pokkeは、最高な旅に必須のアプリです。

様々な観光スポットを音声で案内してくれる音声ガイドツアーアプリ。 その場所の見どころポイントだけではなく、歴史や文化、秘密、エピソードなども聴くことができます。 Pokkeで音声ガイドを聴きながら旅をすれば、ただ見て回るだけでは分からなかった世界が見えてきます。 あなたもPokkeと一緒に出かけてみませんか?

© 2018 MEBUKU Inc.