都市からガイドを探す▼

ため息橋

囚人たちが自由に思いを馳せた橋

永遠の愛が約束されるため息橋 - イタリア・ベネチア

ドゥカーレ宮殿の尋問室と古い牢獄を結ぶのが、イタリアのヴェネツィア(ベネチア)にある『ため息橋』です。この橋には、恋人同士が日没時にため息の橋の下でゴンドラに乗ってキスをすると永遠の愛が約束されるという、ロマンチックな言い伝えがあります。

恋に焦がれるため息ではなく、悲しみのため息

ため息橋には、恋人同士がゴンドラに乗り、日没時にこの橋の下でキスをすると、永遠の愛が約束される、という有名な伝説があります。この地元に伝わる伝説は、リトル・ロマンスというアメリカ映画で、一気に有名になりました。そのためこの橋の下の水路は、ゴンドラの定番コースでもあります。しかし、こんなロマンチックな伝説とは裏腹に、ため息橋の名の由来は、そこからは程遠いものなのです。

実は、この橋は、ヴェネツィア共和国の総督が住居としても使用していたドゥカーレ宮殿の尋問室と、牢獄をつなぐ橋でした。ため息橋という名前は、19世紀にイギリスの詩人ジョージ・バイロンが、「囚人が牢獄に入る前にこの橋から外を見て、この世に別れを告げてため息をついた」、と著作に書いたことに由来しているのです。つまり、牢獄に入ってからは、もうこの美しいヴェネツィアを見ることはできない。そんな、ベネチアに別れを告げる悲しいため息なのです。

ため息橋の中に入れば、当時の囚人の気持ちが味わえる!?

写真をご覧の通り、ため息橋は、外から見ると白亜の大理石で非常に美しい橋です。

では、ため息橋の内観はどのようになっていると思いますか?

実は、そこにあるのは灰色の暗闇の世界。頑丈な石とレンガで固められた壁に、太い鉄格子で覆われた窓。外からでは見えませんが、その橋は実は2本の狭い通路に分かれています。かつて囚人たちはそんな窮屈な橋を渡って、牢獄生活を始めていたのです。

現地では、牢獄の中を見学することもできます。そこには大小様々な部屋があり、囚人たちの残した落書きや、祈りの跡が残されています。

詳しくは、ため息橋のガイドを聴こう

ため息橋の外観と内側、それはこの世界の光と影のようにも映ります。ため息橋にまつわる話を知ってみると、また違ったヴェネツィアが見えてくると思います。ぜひ現地で、ガイドを聴きながら、その歴史を堪能してみてはいかがでしょうか。

ため息橋の物語をPokkeで聴いてみる

インストールは無料です

ヴェネツィアの他のオススメスポットも見てみよう

ガイドを都市で探してみる

ガイドを国で探してみる

国の一覧を見る

Pokkeは、最高な旅に必須のアプリです。

様々な観光スポットを音声で案内してくれる音声ガイドツアーアプリ。 その場所の見どころポイントだけではなく、歴史や文化、秘密、エピソードなども聴くことができます。 Pokkeで音声ガイドを聴きながら旅をすれば、ただ見て回るだけでは分からなかった世界が見えてきます。 あなたもPokkeと一緒に出かけてみませんか?

© 2018 MEBUKU Inc.