都市からガイドを探す▼

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

修道院に併設されたヨーロッパ最古の薬局

隣の薬局も忘れずに!サンタ・マリア・ノヴェッラ教会 - フィレンツェ

ゴシック建築の重厚な建物を飾る、ルネッサンス様式のファザードは必見が有名です。ジョットが手掛けた教会の内装は見る者を圧倒するでしょう。フィリッポ・リッピが手掛けた中央祭壇やギルランダイオの「洗礼者ヨハネの生涯」は必見です。また、教会の隣には世界的に有名な「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」があります。

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会ってどんな教会?

フィレンツェ、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅を出てすぐ正面に大きな教会が見えます。
駅の名前の元となったサンタ・マリア・ノヴェッラ教会です。

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の歴史は古く10世紀頃城壁の外に建てられていたサンタ・マリア・ヴィーニェ教会、日本語で「ブドウ畑の中の聖マリア教会」がその起源だとか。フィレンツェのドメニコ派の修道士たちによって1279年から教会の建設が開始され、1420年にサンタ・マリア・ノヴェッラ教会は完成しました。

この教会の見どころは、豪華な装飾品とフレスコ画で彩られた美しい内装でしょう。
フィリッポ・リッピが手掛けた豪華な祭壇やドメニコ・ギルランダイオの「聖母マリアの生涯」が描かれた主祭壇、トルナブォーニ礼拝堂のステンドグラスなどは特に必見です。また、マザッチョの「三位一体」やギルランダイオの「洗礼者ヨハネの生涯」など有名な画家の作品もあります。

この教会で忘れてならないのは、レオナルド・ダビンチが一時期この教会内の「教皇の間」に住み込み、あの世界的に有名な「モナリザ」を描いたことです。残念ながら、現在その場所はイタリア憲兵隊下士官養成所として使用されているため一般公開はされていません。

ところで日本でサンタ・マリア・ノヴェッラというと香水を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
実はこの教会の隣に「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の本店があります。

ヨーロッパで最も古い薬局と言われるサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の創業は1612年からだと言われていますが、そのずっと前の1200年代からドメニコ修道会の調剤活動は行われていました。

かつて修道院内では、栽培されたハーブや花、フルーツなどで作られた薬や石鹸、芳香剤、香水などが病気の予防に繋がるとされていた事から各修道院で調剤活動が盛んに進められていました。
メディチ家御用達の薬局であった「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」は、運営が修道院から民営に変わった今日でも古い製造方法を守りながら製品が作られ続けています。

最も有名な商品は、オーデコロンの起源になったと言われている、カテリーナ・ディ・メディチのために考案した「アックア・デッラ・レジーナ(王妃の水)」です。もし時間があればお土産に購入していってもいいですね。

万能のイケメン!アルベルティが手掛けたファザード

まずは、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の外観から見ていきましょう。
正面装飾は1300年代半ばに下半分まで仕上げられていました。

1458年から1478年にかけて、上部をレオン・バッティスタ・アルベルティが設計し完成させました。
聞き慣れない名前かもしれませんが、この人は建築だけでなく、絵画理論や芸術論、更には数学や科学、詩作にも長けていておまけにスポーツ万能のハンサムという多彩な才能を持った天才でした。

当時のフィレンツェの人々は問題が起きると、それがどんなタイプの問題でも彼に解決してもらおうと相談しに行ったといいます。
彼が手掛けたサンタ・マリア・ノヴェッラ教会の正面装飾はルネサンス・スタイルの代表的なデザインの一つとして今日では教科書で取り上げられています。

緑色の大理石部分に風を受けて膨らんだ白い帆のデザインが刻まれています。
これはアルベルティに建設を依頼し、費用を負担した当時の有力貴族ルチェライ家の紋章です。
今でいうところのスポンサーの広告ということです。
ちなみに三角屋根の部分にジョバンニ・ルチェライの名前と完成年が刻み込まれています。

夭折の天才マザッチオの「聖三位一体」がすごい!

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の一番の見どころは、
「ルネサンス絵画の父」と称されるマザッチオの祭壇画「聖三位一体」です。

この作品は西暦1425年から27年頃の作品と考えられています。
当時芸術家の中で使われ始めたばかりの遠近法を使用した画期的な作品です。
画面の天井部分はまるで壁をくりぬいて描かれたような奥行きを表現しています。

アーチ型の空間の中に父である神と子のイエス・キリスト、そして左右に聖母マリアと福音書記者ヨハネ、手前には跪く寄進者が描かれています。
下の寄進者二人はこの絵の依頼者だそうです。

キリストの顔は理想化された顔ではなく、人間らしい顔であることも特徴でしょう。
何より、聖母マリアの顔が普通の女性、それも老人のように描かれているのです。
そして、マリアのしぐさを見てください。
聖母マリアが、見る人へ注意を促すように描かれているのも実はこの絵が初めてなのです。

下の方には横たわった人骨の上にメメントモリの言葉が書かれています。
「かつて私はあなた達でした、あなた達も私のようになるでしょう。」と書かれています。

マザッチオは1401年12月21日に生まれ、27歳という若さで亡くなりました。
ヴァザーリはマザッチオのことを次のように評しています。

「いつも雲の上にいるようで、心はいつも芸術にあり、自分のことはもとより、他人のことも全く構わなかった」、と。
ルネッサンスの扉を開いた、若き天才マザッチオの人物像が見えてくるのではないでしょうか。

この作品に関しては後日譚があります。
ジョルジョ・ヴァザーリはマザッチオのフレスコ画「聖三位一体」をその著書の中でも高く評価していました。

あるとき、彼はサンタ・マリア・ノヴェッラ教会の改装を担当することになりました。
しかし、この「聖三位一体」を破壊せずに教会全体の改装を行うことはできません。
そこでヴァザーリは、フレスコ画と同じ大きさの祭壇画を新たに制作し、「聖三位一体」を覆って隠すことによって作品を守ったのです。

そして月日は流れ、1860年、教会の修復の際にマザッチオのフレスコ画は再び「発見」されることとなり、現在私たちの目にふれることになったのです。

もっと知りたい人はサンタ・マリア・ノヴェッラ教会のガイドを聴こう

サンタ・マリア・ノヴェッラ大聖堂の見どころはまだまだ続きます。
気になった方は現地でガイドを聴いてみましょう。

□サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の入場料・営業時間
入場料:無料
営業時間:9:00~19:00(11~3月は17:30まで)日曜は午後から
定休日:年中無休(臨時閉館となる場合あり)
所要時間:30分
所在地:Piazza di Santa Maria Novella, 18, 50123 Firenze
アクセス:S.M.N.駅(サンタ・マリア・ノヴェッラ駅)から徒歩3分

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の物語をPokkeで聴いてみる

インストールは無料です

フィレンツェの他のオススメスポットも見てみよう

ガイドを都市で探してみる

ガイドを国で探してみる

国の一覧を見る

Pokkeは、最高な旅に必須のアプリです。

様々な観光スポットを音声で案内してくれる音声ガイドツアーアプリ。 その場所の見どころポイントだけではなく、歴史や文化、秘密、エピソードなども聴くことができます。 Pokkeで音声ガイドを聴きながら旅をすれば、ただ見て回るだけでは分からなかった世界が見えてきます。 あなたもPokkeと一緒に出かけてみませんか?

© 2018 MEBUKU Inc.